ドリンク代のみでトーストやゆで卵などが付く喫茶店のモーニングサービス。しかし、名古屋市内、とくに都心部ではテナント料や人件費がかさむため、ドリンク代に追加料金を払うモーニングセットが主流になりつつある。メディアで紹介される豪華なモーニングを出す店のほとんどは郊外か市外にあるのだ……。

モーニングは全14種類! しかも1日中楽しめる豊明市『和田珈琲店 久音』

ドリンク代のみでトーストやゆで卵などが付く喫茶店のモーニングサービス。

しかし、名古屋市内、とくに都心部ではテナント料や人件費がかさむため、ドリンク代に追加料金を払うモーニングセットが主流になりつつある。

メディアで紹介される豪華なモーニングを出す店のほとんどは郊外か市外にあるのだ。

名古屋市緑区に隣接する愛知県豊明市にある喫茶店『和田珈琲店 久音』。

ココはコーヒー豆の卸販売を手がけるワダコーヒー株式会社の直営店。

それだけに名古屋人好みのしっかりと苦みがきいた深煎りのコーヒーが楽しめる。

ココのモーニングは、ドリンク代(430円〜)のみでOK。

写真は「小倉トーストモーニング」。

黒糖パン(※数量限定で売り切れ次第、白パンに変更)を使っているのがポイントで、その風味と小倉あんの甘さが絶妙にマッチしていて旨い。

うん、名古屋人のツボをしっかりとおさえている。

モーニングは、これ以外にもシナモントーストとホイップクリーム、サラダが付く「シナモンシュガーモーニング」やミックスサンドとサラダが付く「サンドイッチモーニング」(写真)など全4種類を用意。

もちろん、すべてドリンク代のみのサービス。

これだけ種類があれば、毎日来ても飽きないだろう。

さらに、ドリンク代に200円〜300円の追加料金を払うプレミアムモーニングは、10種類も用意されている。

写真の「ピザトーストモーニング」は、ドリンク代+200円。

香ばしく焼き上げたパンと熱々&トロトロのチーズは、プレミアムの名の通り、リッチな気分にさせてくれる。

ちょっと贅沢したいときはコレで決まりだ。

ところで、モーニングの時間帯だが、巷の喫茶店では、開店から11時とか11時半まで。

長くて12時までが一般的。

実は、モーニングの提供時間がこの店の最大のウリなのだ。

「ウチは朝8時の開店からラストオーダーの夕方5時半まで、営業時間内はずっとモーニングをやっています。

開店当初、モーニングはドリンク代に追加料金を支払うセットのみだったんです。

思うように客足が伸びなかったので、いっそのこと1日中やってしまおうとはじめました。

朝も混み合いますが、昼の2時すぎくらいがピークですね」と、店長。

1日中モーニングという太っ腹なサービスは、コーヒー豆の卸会社直営ゆえに、ある程度のコストカットができるからだろうが、それにしてもスゴすぎる。

和田珈琲店 久音

愛知県豊明市新栄町6-1-1
[TEL]0562-85-7424
[営業時間]8時〜18時(17時半L.O.)
[定休日]無

永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。