忘年会など、何かとお酒を飲む機会が増えるこの時期。楽しく飲んでいると、つい時間を忘れ、気づけば終電を逃してしまった……なんてことも。そこで今回は、マイナビニュース会員の会社員501名に「飲み会で終電を逃した場合、タクシーで帰りますか?」と質問してみた。

Q.仕事の飲み会で終電を逃した場合、タクシーで帰りますか?

タクシーで帰る 59.1%

帰らない 40.9%

Q.その理由を教えてください(自由回答)

○どうしても家で休みたいから

・「どうしても家でゆっくり眠りたいから」(54歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/IT関連技術職)

・「歳をとったせいもあるが、何としても家に帰って寝たい。たとえ1、2時間でも」(54歳男性/不動産/営業関連)

・「どんなに金を払っても家に帰りたい」(36歳男性/官公庁/公共サービス関連)

・「やっぱり自分の布団で寝たいじゃん」(41歳男性/専門店/技能工・運輸・設備関連)

○家族が待っているから

・「帰らなければ家族がいるので」(39歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)

・「帰らないと夫婦の危機」(68歳男性/サービス/その他・専業主婦等)

・「家に帰らないと奥さんに殺されるから」(56歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)

○次の日のことを考えて

・「次の日のことを考えると、そうせざるを得ない」(59歳男性/輸送用機器/メカトロ関連技術職)

・「飲み会の場所にもよるが(自宅までの距離)、始発まで待つと次の日への影響が大き過ぎるから」(39歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)

・「家に帰って翌日も有意義に過ごしたいから」(45歳女性/繊維・アパレル/クリエイティブ関連)

・「次の日が仕事ならタクシーで絶対に帰ります。もし休みか若しくは遅番なら、近くのビジネスホテルに泊まります」(44歳女性/コンビニエンスストア/販売・サービス関連)

○その方が安上がりだから

・「23区内なのでホテルに泊まるよりは安い」(53歳男性/官公庁/事務・企画・経営関連)

・「泊まるよりタクシーで帰った方が安いからです」(34歳女性/ソフトウェア・情報処理/事務・企画・経営関連)

・「よほど遠くまで帰らなければならないというのであれば、ホテル等に泊まることも考えるが、せいぜい2000円程度の距離だからタクシーで帰った方が経済的」(56歳男性/官公庁/公共サービス関連)

○その他

・「泊まっても額は一緒だから、帰って着替えたい」(33歳男性/教育/公共サービス関連)

・「酔っていて歩くのが面倒だから、ついついタクシーを利用してしまう」(47歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)

・「終電を逃すほどに飲んでいたら、かなりの量を飲んでいて、慌てて帰ったり、ホテルを探すのは難しい時間になっている。やはり、早くて楽なのはタクシーなので、ついタクシーに頼ってしまう」(66歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)

○泊まった方が安い

・「タクシーに乗るとべらぼうな金額になるので、どこか泊まれるところ、休めるところを探して一晩過ごす」(57歳男性/官公庁/公共サービス関連)

・「サウナで泊まった方が安上がりである」(55歳男性/重電・産業用電気機器/その他技術職)

・「タクシー代よりホテル代の方が割安だからホテルに泊まる」(53歳男性/建設・土木/メカトロ関連技術職)

・「タクシーで帰るよりどこかに泊まる方がはるかに安いことに気づいてしまった」(28歳男性/輸送用機器/メカトロ関連技術職)

○お金がもったいない

・「お金がもったいないから。それなら漫喫とかで過ごしたい」(31歳女性/サービス/事務・企画・経営関連)

・「お金がもったいないと思う」(45歳男性/食品/事務・企画・経営関連)

・「お金がもったいないので。マックでやり過ごす」(37歳男性/コンピューター機器/営業関連)

○他で時間を潰せるから

・「マンガ喫茶など、朝まで入れる場所が今はあるから」(52歳女性/その他/事務・企画・経営関連)

・「カプセルホテル、またはマンガ喫茶を逆に満喫したいと思います」(45歳男性/旅行・観光/販売・サービス関連)

・「近くにあるマンガ喫茶で始発まで待つ」(31歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

○その他

・「タクシーは嫌いなのでなるべく使わないようにしているので」(48歳男性/警察・消防・自衛隊/公共サービス関連)

・「距離によりますが歩いて1時間くらいなら歩きます!とんでもなく遠い場合は、個別で2次会やります(笑)」(35歳女性/流通・チェーンストア/事務・企画・経営関連)

・「いまだにタクシーは贅沢というイメージが抜けない」(39歳男性/専門店(自動車関連)/事務・企画・経営関連)

・「歩いて酔いを覚ますため」(24歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)

○「帰らない派」の行動は?

Q.終電を逃した場合、どこで時間を潰しますか?

1位 マンガ喫茶 38.5%

2位 カプセルホテル 29.3%

3位 スーパー銭湯 23.4%

4位 カラオケ 21.0%

5位 始発まで飲み続ける 15.1%

タクシーで帰らないと答えた205名に「終電を逃したあとは、どこで時間を潰しますか?」と尋ねたところ、「マンガ喫茶」が38.5%で最も多かった。続いて「カプセルホテル」(29.3%)、「スーパー銭湯」(23.4%)、「カラオケ」(21.0%)、「始発まで飲み続ける」(15.1%)と続いたが、これ他にも「友達の家に泊めてもらう」「ファミレス」「解散地周辺を朝まで散歩」「ファストフード店」「車で寝る」などの回答が見られた。また、頑張って徒歩で帰るという回答も散見された。

○総評

アンケートの結果、「タクシーで帰る」と答えた人が59.1%と多数派であることが分かった。何としてでも家に帰りたい、という人が多く「お金がかかっても自宅で入浴、睡眠を取りたい」という意見も。「家以外に泊まると寝つきが悪い」「自分の家でないと寝られない」という人もいるようだった。

次の日への影響を考えた意見も多かった。翌日に疲れを残さないためにも、その日のうちに家に帰りたいそう。次の日も仕事の場合、着替えや仕事の準備等もあるため、どこかに泊まるというわけにはいかないのかもしれない。他にも「職場が田舎なので泊まるところがない」という意見や、「酩酊状態のときには安全を考えてタクシーを呼ぶ」といった理由も寄せられた。

一方「タクシーで帰らない」理由としては「タクシー代より泊まった方が安いから」というものが多かった。タクシーだと深夜料金もかかるため、遠方の場合はホテルに泊まった方が安く済むことも。また、最近ではマンガ喫茶や24時間営業のファストフード店、カラオケなど安く時間が潰せる場所はたくさんあるため、そうした場所で始発まで過ごすという人も多いようだ。

間もなく本格的な忘年会シーズン。飲みすぎて終電を逃さないよう、くれぐれも注意したいものだ。

調査時期: 2017年10月23日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 会社員501名

調査方法: インターネットログイン式アンケート