25日、新浪は、「日本一のカリスマ清掃員」として知られる新津春子さんが広東省深セン市の地下鉄駅を訪れ、清掃の心得をレクチャーしたことを伝えた。写真は中国の地下鉄。

写真拡大

2017年11月25日、新浪は、「日本一のカリスマ清掃員」として知られる新津春子さんが広東省深セン市の地下鉄駅を訪れ、清掃の心得をレクチャーしたことを伝えた。

24日、深セン地下鉄グループなどの招待を受けた新津さんは深セン北駅を訪問し、スタッフに美しい環境を保つ清掃の心得をレクチャー。「自分の家だと思って心を込めて掃除すれば、必ずその心は利用客に伝わる」と語った。

記事は新津さんについて「東京の羽田空港が3年連続で世界で最も清潔な空港の称号を獲得した立役者。幼少期から少女期まで中国東北地方で過ごし、その後日本にやってきて清掃員になった。80種類あまりの洗剤の使い方をマスターしているほか、汚れの原因や成分を即座に分析する能力を持つなど、その技術は日本で『国宝級の匠』と称されている」と紹介している。

深セン地下鉄グループの辛潔(シン・ジエ)会長は「新津さんのような細部にまでこだわる匠の精神は、まさに今深セン地下鉄の職員が追求すべき道。そうしてこそ初めて、スピードとクオリティーの融合を実現することができ、『100年はびくともしない地下鉄』を名乗るできるのだ」とし、新津さんの精神を十分に学び取るよう職員に訓示を垂れた。

新津さんは2015年、日本のテレビドキュメンタリー番組で脚光を浴びた。すると翌年、中国残留孤児2世ということもあって中国本土や台湾で大きく取り上げられ、高い注目を集めた。その後、中国本土や台湾からのオファーが寄せられるようになり、今年4月には台湾の松山空港や台北駅で清掃レクチャーを行っている。(翻訳・編集/川尻)