豊かな自然、レトロな街並み、おいしい食事。3拍子揃った福井県敦賀へ冬旅

写真拡大 (全15枚)

突然ですが、日本で一番「幸福度」が高い県、どこだと思いますか?
「健康」「仕事」「生活」「教育」などのさまざまな指標を総合し、多面的な地域の幸福を考察する『全47都道府県幸福度ランキング2016年版』(東洋経済新報社)によると、1位に輝いたのは、前回調査の2014年に続き福井県。特に仕事、教育分野において福井県の「暮らしの質」の高さが評価されました。
そんな幸福度を感じるべく、今回、実際に福井県に足を運んできたのですが、東尋坊でもなく、恐竜で知られる勝山市でもなく、めがねの聖地の鯖江市でもなく、向かったのは、日本海に面した敦賀(つるが)市です。
国際交流でにぎわった歴史をもつ、異国情緒漂う港町
敦賀は、20世紀初頭にシベリア鉄道が開通すると、日本とヨーロッパを結ぶ最短ルートに組み込まれ、ウラジオストク〜日本間の国際航路とこれに接続する東京行きの「欧亜国際連絡列車」の乗継地点として重要な役割を果たした街。かつては、海外からの旅行者でにぎわう国際交流の起点でした。
そんな敦賀で名残を発見! 昭和14年創業、敦賀市民たちから愛されている老舗洋食店「ヨーロッパ軒」本店の駐車場にはロシア語の看板が。

ここでは名物のソースカツ丼が有名なのですが、その他に、脂身のない豚肉を自家製ドミグラスソースで絡めた「スカロップ」やピカタに似た「ジクセリ」といった、どこかロシアを感じるメニューもあるんです。
また、1920年にシベリアで救出されたポーランド孤児が、1940年にはナチスドイツの手から逃れたユダヤ人難民が、リトアニア・カウナスの領事代理だった杉原千畝氏が発給した"命のビザ"を握りしめ、敦賀港に上陸したこともあり、港沿いには関連の展示を行う「人道の港 敦賀ムゼウム」があります。

中で上映されているビデオを見ると、当時、敦賀の人たちがお腹を空かせたユダヤ難民の人たちにリンゴをあげたり、銭湯を無料で開放していたり、いかに優しく歓迎したのかがわかります。当時の時代背景もあいまって「命」の重さや「平和」についてとても考えさせられました。
博物館やカフェが楽しめるレトロモダンな街並み
歴史的建造物が残され、まるでタイムスリップしたような感覚になる敦賀の街。敦賀市の歴史や民俗などの貴重な資料が並べられている「敦賀市立博物館」は、建物自体が昭和初期の「日本三大洋風建築」のひとつに数えられていて、とてもクラシック。もともとは、昭和2年に建てられた旧大和田銀行本店で、当時の敦賀港の繁栄を象徴するかのような豪華な作りになっています。

建物自体はもちろんのこと、北陸で最初のエレベーターや大理石のカウンター、貴賓室、市民に開かれていた公会堂なども有し、その当時の雰囲気を感じることができます。

敦賀市立博物館がある博物館通りには、古い町屋を改修してできたレトロでかわいいお店が並びます。かつて薬局だった「キトテノワ」は、「丁寧な暮らしと食」をテーマに手作りにこだわった野菜と発酵食をメインに考えられたメニューやスイーツが味わえるカフェ。

古い町家で眠っていた薬棚は絵本の本棚に、薬瓶は壁のオブジェに、古井戸はガーデン風景になるなど昔の面影を残しているので、初めて来たとは思えないほど落ち着く空間にほっこりしてしまいました。

かつて国際都市として繁栄した敦賀の街には、赤レンガ倉庫もあります。1905年、外国人技師の設計によって石油貯蔵用の倉庫として建設され、その後は、昆布の貯蔵庫としても使用された過去をもつ「敦賀赤レンガ倉庫」。

現在は商業施設として生まれ変わり、山海の幸をいただけるレストラン館と国内最大級のジオラマ館、さらには、イベント広場やオープンカフェ、ウエディングなどに活用されるガーデンは市民や観光客たちの憩いの場となっています。