浜辺美波、実写ドラマ『賭ケグルイ』主演に決定 「皆さん、是非一緒に賭ケグルイましょう!」

写真拡大

 女優の浜辺美波が、MBS/TBSドラマイズム枠で2018年1月より放送されるドラマ『賭ケグルイ』の主演を務めることが決定した。

参考:『君の膵臓をたべたい』は特別な“初恋映画”だーーヒロイン・浜辺美波のノスタルジックな魅力

 同ドラマは、 『月刊ガンガンJOKER』で連載中の河本ほむら原作、尚村透作画の同名コミックが原作。勝者には地位と名誉が与えられ、敗者は財産も尊厳も奪われるという、ギャンブルの強さによって生徒たちの階級が決まる、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王学園を舞台に、この学園に転校してきた、一見するとお淑やかな美少女だが実はいかなるリスクもいとわない常軌を逸したギャンブル狂の蛇喰夢子が、究極の己を賭けた心理バトルに挑む模様を描く。監督は、『トリガール!』『あさひなぐ』の英勉。

 映画『君の膵臓をたべたい』や『亜人』、2018年には映画『となりの怪物くん』の公開も控える浜辺が演じるのは、主人公の蛇喰夢子。普段は上品でお淑やかだが、いざギャンブルが始まると、その常人離れした洞察力、記憶力、交渉力で相手を翻弄し、極限のリスクを負う勝負をしかけ、最終的に相手を破滅に追い込む“賭け狂い”の女だ。“可愛らしさ”と“狂気”の二面性を持つ人気キャラクターを、清純派女優として知られる浜辺がどのように演じるのかに注目が集まる。

 あわせて公開された浜辺演じる蛇喰夢子のスチールには、百花王学園の制服に身を包み、誘い込むような笑みを浮かべる彼女の姿が捉えられている。

【浜辺美波(蛇喰夢子役)コメント】夢子ちゃんは、今まで演じたことがない個性的なキャラクターなので、不安もありましたが、演じることがとても楽しみでした。英監督は役者さんのお芝居が面白いとよく笑ってくださる方なので、私も、もっと弾けて、監督を笑わせたいと思います。撮影はまだ始まったばかりですが、全力で、1シーン1シーン、1カット1カット、精一杯演じていきたいと思います。皆さん、是非一緒に賭ケグルイましょう!

【英勉(監督)コメント】撮影初日から、出し惜しみせずに色々やってくれて、とても良かったです。でも、まだまだ持っていますよ、奴は。早く貯金を出しなさい。持っているでしょ、まだ。

(リアルサウンド編集部)