ミキの亜星(左)、昴星(右)

写真拡大

12月3日(日)にことしの漫才師日本一を決める「M-1グランプリ2017」(夜6:57-10:10テレビ朝日系)が放送される。また、当日の昼2時35分からは「M-1グランプリ2017 敗者復活戦」も放送。この敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた計10組が、ファイナリストとして決勝を戦う。

【写真を見る】ミキが中川家以来の兄弟コンビ優勝を狙う!/(C)ABC

例年と違い、今回のネタ順は“笑神籤”(えみくじ)で決められるという新ルールが採用されており、これまで番組の最中に発表されてきた敗者復活1組も生放送の冒頭に決定する。

10組がそろったところで、MCの今田耕司と上戸彩がくじを引き、引いた順番でネタを披露するというルールだ。

そして、WEBサイト「ザテレビジョン」では、4094組がエントリーした今大会を勝ち抜き、決勝まで駒を進めたファイナリスト9組に直前インタビューを敢行。王座を狙う芸人たちの熱い思いを、決勝当日まで9日間連続で掲載していく。

3日目は、唯一の兄弟コンビ、ミキ・亜星、昴星が登場!

■ ミキインタビュー

――敗者復活で勝ち上がってきたら脅威になると感じるコンビはどこですか?

昂生:個人的には同期のアイロンヘッドです。僕は彼らのことを天才やと思っています。コント師である彼らが「M-1」で準決勝まで上がってくるのは相当なことなので、上がってきたら個人的には脅威ですね。

亜生:脅威ではないですが、僕は霜降り明星さんに来てほしい! 1年目からずーっと一緒に頑張って切磋琢磨してきたので、「M-1」の舞台で一緒になったら真剣勝負をしたいとずっと思っていました。

――相方の好きなところと嫌いなところを教えてください!

昂生:好きな所は、かわいげのある所ですかね。亜生のことを嫌いになる人って、あんまりいないんですよ。

嫌いなところは、兄任せなところですね。スケジュール管理から、財布や携帯の管理も僕に任せてしまうところがあって。兄離れが全然できていないんです(苦笑)。早く自立してほしいですね。

亜生:好きな所は、誰にでもイジられるところですね。どんな大御所のタレントさんにもすぐに懐へと飛び込んでいける所は「すごいな!」と思います。

嫌いな所は、不潔なところですね…。

――漫才以外でグランプリを目指すとしたら…、個人的に自信があるものは何かありますか?

昂生:僕、ディズニーが大好きなので、ディズニーに関することならナンバーワンだと思います。ディズニーランドに行ったら、アトラクションで20分以上待たせません! だから、ディズニーの番組をやりたいですね。

亜生:ルアー釣りです。ナンバーワンの“ルアー釣り師”。知識は相当あるので、釣り番組やりたいですね〜。

――今後の野望について教えてください!

昂生:「M-1」の司会に上戸彩さんがいるじゃないですか。仲良くなりたいですね(笑)。結婚もしてお子さんもいるので、恋愛は無理ですけど…、どうにかしてホームパーティに呼ばれたいです。

亜生:僕、今「おはよう朝日です」の金曜サブコメンテーターなんですが、いつか僕が月〜金のメインMCに抜てきされたいです。MCの岩本計介アナはすごい方ですが、そんな“岩本アナ越え”が僕の野望です!(ザテレビジョン)