ドラマ「アンナチュラル」出演者。左から松重豊、井浦新、竜星涼、石原さとみ、窪田正孝、市川実日子/(C)TBS

写真拡大

2018年1月からスタートする金曜ドラマ「アンナチュラル」(TBS系)に、竜星涼が出演することが決定した。竜星が演じるのは、ミコト(石原さとみ)が働くUDIラボに出入りするフォレスト葬儀社の社員・木林南雲。遺体をUDIラボに運ぶ業務以外に、井浦新演じるUDIラボの法医解剖医・中堂系と秘密の関係があるという役どころ。

【写真を見る】優しくほほ笑む葬儀屋社員・木林南雲(竜星涼)/(C)TBS

連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年、NHK総合ほか)や、現在放送中のドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)にも出演するなど、近年数多くの作品で活躍している竜星。怪しさを秘めた葬儀屋さんという一風変わった役をどのように演じるのか注目だ。

同ドラマは「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く法医解剖医・三澄ミコトとその仲間たちが日々運び込まれてくる死体と向き合う法医学ミステリー。ほか、同ドラマには窪田正孝、市川実日子、松重豊の出演も決定している。

■ 竜星涼コメント

まだまだ台本でも木林の謎の部分は多く、逆に無限大の可能性を秘めているこの人間を試行錯誤しながら作り上げているところです。UDIラボの皆さんはとてもチームワークが良くテンポの良い会話劇を繰り広げているので、その中に葬儀屋の木林が突然現れ絡んでいくところはとてもコミカルでやっていて楽しいです。

怪しみ秘めた木林がこの作品にどう影響をもたらしていくのか、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。(ザテレビジョン)