10年ぶりのアジア制覇を果たした浦和。翌日には堀監督の続投も決まった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[ACL決勝 第2戦] 浦和レッズ 1-0 アルヒラル/2017年11月25日/埼玉スタジアム
 
 浦和のシステムは従来の4-1-4-1とも捉えられるし、長澤がトップ下に入る4-2-3-1にも見える。試合後に確認したところ、選手たちは「4-4-2だった」と明かしていた。現体制初となる布陣のスタートからの採用。堀孝史監督が打ったアジア制覇への勝負の一手だった。

 
 アルヒラルはSBを含めサイドから2人、3人掛かりで崩し、CFのオマル・ハルビンの高さと強さを生かすという崩しを最大の武器にしている。サイドアタックを抑え、セカンドボールを含め中央のスペースをケアするという狙いだった。
 
 長澤と興梠の2トップが最終ラインや8番の司令塔アブドゥラー・オタイフにプレッシャーをかけ、柏木と青木は後ろで構えながら中央にボールが入ればケアする。長澤は「自分にとってはやりやすく、オフェンシブなプレッシングからボールを奪えてチャンスも作れた」と言い、青木は「(柏木と)ふたりでバランスを見ながらプレーしていたが、基本的には自分が阿部さんの声を聞きながら最終ラインの前のスペースをケアし、(柏木)陽介ができるだけ前で仕事をするような形だった」と説明していた。
 
 試合終盤には、興梠とR・シルバ、柏木と長澤など、選手たちの判断でベンチとも確認を取りながら臨機応変にポジションチェンジ。その結果、試合終了間際のR・シルバの渾身の決勝ゴールが生まれた。
 
 何より11月18日のアウェーでの決勝第1戦の試合終盤にも、4-1-4-1から4-4-2にシフトして試合を落ち着けて失点を抑えることに成功していた。柏木は「あそこ(第1戦)でやっていたから問題なくできた」と言い、遠藤によると4-4-2は「ずっと練習を積んできていた」システムであり、「(SBとCBの)間を取られる時間帯もあったが、少しずつ修正できた」と試合の流れに応じて対応できた点も勝因に挙げていた。
 
 その結果、「これがレッズに足りなかったサッカー。タイトルを獲れそうで獲れずにいたが、勝負強さを示せた」と興梠が胸を張ったように、過去の浦和になかったようなしたたかな試合運びができた。

【ACL決勝PHOTO】浦和が10年ぶりのアジア制覇達成! R・シルバが歓喜をもたらす
「ひとつ改善すると、また新たな改善点が見つかる。そこが難しかった」
 
 堀監督は試合後の記者会見でそのように語っていた。アジア制覇を果たしたとはいえ、確かにこの試合からも課題は見えた。「第1戦よりも、もう少し攻撃的に行きたかったが、なかなか上手くいかなかった」と興梠は振り返る。試行錯誤が続くなかで、この日の4-4-2に辿り着いたわけだが、これもまた浦和の進化の過程のひとつだと言える。
 
 堀監督が2018年シーズンも引き続き指揮を執ることが正式に決定した。来季はACLに出場できず、国内のみの戦いとなる。どのようなスタイルに舵を切っていくのか――。10年ぶりのアジア王者の称号を手に入れ、浦和の新時代が始まる。
 
取材・文:塚越 始(スポーツライター)