気がつけば、遊ぶエリア・店は毎回同じ、なんてことはないだろうか。

東京には、行ってみなければ分からない魅力的な場所がたくさんある。

普段東カレ美女たちが、自分たちでは決して行かないであろうエリアや店へ編集部が連れて行き、初体験させてみる。

前回は浅草・ホッピー通りでの、ホッピー初体験に立ち会った。さて、今回は・・・?




<今週の東カレ美女>

氏名:冨張愛(とみはり めぐみ)
年齢:26歳
職業:ファッション関連
Instagramアカウントはコチラ:megumitomihari


10年ぶり!大人になって初めての下北沢


下北沢と聞くと、どんなイメージを持たれるだろうか。

学生の街、古着の街、バンドマンが集う街...。

そんな印象が強く、東カレ読者のメインストリームではないこの街に、美脚が際立つ美女、冨張さんが舞い降りた。




「下北沢に来るのは10年ぶりくらいですかね...高校生の時に来て以来、この駅に降り立ちました。」

現在改装中の駅、そして想像以上に賑わう下北沢商店街に戸惑いながらも、元ミス中央のタイトルを持つ冨張さんの美しさ、そしてスタイルの良さは一際輝いている。

「普段は港区、渋谷区エリアがメインですね。あとは銀座が多いです。」

厳密には、お食事は港区と渋谷区が多く、お買い物は銀座エリアだという。もちろん、下北沢には全く足を運ばない。

お気に入りのレストランは『虎白』など。

また最近は、家の近くにあるワインと焼きそばが美味しい『チェローナ』が好きだと言う。8席しかないこじんまりとした雰囲気も好きで、頻繁に訪れているそうだ。




レストラン偏差値が高く、そしてファッション関連のお仕事をされているだけあり、ハイセンスな冨張さん。

クリスチャン ルブタンのピンヒールに、綺麗なブルーのざっくりタートルネックの胸元に光る星のブローチとピアスは、さりげなくCHANELの新作を合わせている。

そんな冨張さんに、東カレ編集部は果敢に挑戦すべく(?)、下北沢で、しかも滅多に食べないであろう居酒屋での食事へお連れした。


ミスコン女王が挑む下北沢飲み。予想外の結末が待っていた!


下北沢デートが楽しめる人がいたら本物の証


まずは商店街を歩きつつ、下北沢を散策してみる。

「普段来ないエリアですが、こういった場所でも一緒に楽しめる人は、本当に好きな証拠だなって思います♡」

商店街には店が密集しており、人通りも多い。そして熱気もある。

普段東カレ美女が遊ぶような、派手な演出もできなければ、高級店というカードも使えない下北沢。

そんな中でもデートを満喫できるような相手は、たしかに魅力的である。

「ここで楽しめたら、本物ですね。」




トレンディーな冬希望♡


「今年の冬は、トレンディーなデートがしたいです。」

毎日の日常がちょっと華やぐような、そんなデートを美女はご希望のようだ。特に冬はスケートがしたいそうで、赤坂にできるスケート場や横浜の赤レンガ倉庫などに行きたいという。

そんな話をしつつ、商店街を少し奥に入ったお店で、大衆酒場の炭火焼きを体験してもらうことにした。




バンドマンとの思い出が詰まる街、下北沢


抜群のスタイルにも関わらず、非常に飲みっぷりの良い冨張さん。まずはビールで乾杯しながら、下北沢に関するお話を伺おうとしたところ、何と淡い恋の思い出を告白してくれた。

「実は昔バンドマンの方とお付き合いしていたことがあり...高校生の時の話ですけど、その時は彼のライブを観によく来ていたんですよ。」

当時は彼好みの女性になれるよう、服装も彼の好きなタイプに合わせ、意外にも古着っぽい服装をしていたそうだ。




そしてもくもくと煙が上がる中、炭火焼を楽しむ。

情緒溢れる“大衆居酒屋”の提灯の隣で、炭火で肉を焼く冨張さん。そのギャップに、通りすがる多くの人達も思わず足を止める。

「こうやって焼くのも楽しい!」

服につく臭いも気にせず、編集の分まで焼いてくれる冨張さん。いい女は、気遣い上手である。




最後にスンドュブをふぅふぅ言いながら食し、下北沢飲み初体験は終了した。

最後に、今回の感想を聞いてみた。

「久しぶりに下北沢に来ましたが、ワイワイしていて楽しかったです!高校時代を思い出せました。そして...実は何区であろうと、どこであろうと、好きな人とだったらどこでも楽しいんですよね。」

そう笑顔で語り、冨張さんは港区へと帰って行った。

▶NEXT:12月4日月曜更新予定
元CanCamモデル、スタイル抜群美女を立ち飲み屋へお連れしてみた

<これまでの東カレ編集部が美女に初体験させてみた>
Vol.1 : 何故ここに美女が?浅草ホッピー通りが湧いた夜