○Microsoft Storeの自動動画再生を無効にする

以前から噂になっていたとおり、Windows Storeは「Microsoft Store」へと名前が変わった。アプリケーションやゲームといったデジタルコンテンツに留まらず、Web版Microsoft Storeと統合し、Surfaceシリーズやサードベンダー製ハードウェアデバイスを扱うつもりなのだろう。

そのMicrosoft Storeが、最近リニューアルした。名前の変更とともに、アイコンはカラフルになり、ゲームや映画とテレビのコンテンツ紹介ページを開くと動画が流れるようになった。

静止画よりも動画のほうが、コンテンツの概要をつかみやすいというメリットはある。しかし、外出先でノートPCのバッテリー容量を気にしながら使っている場面や、少々非力なPCの場合、システムに負荷をかける動画再生は好ましくない。

そこで、動画再生を無効にする設定を施しておこう。特に難しい操作はいらず、Microsoft Storeの設定ページで「ビデオの自動再生」のスイッチをオフに切り替えるだけだ。

この状態で動画を含む任意のコンテンツを開くと、静止画の状態でページが開く。動画内容を視聴したい場合は再生ボタンをクリック/タップすればよい。

阿久津良和(Cactus)