現地時間11月26日午前9時頃、中国浙江省寧波市李家西路で大規模な爆発が発生した。現場近くの建物が崩れるなどの被害が出ている。(大紀元が合成した写真)

写真拡大

 中国浙江省寧波市では、現地時間26日午前9時ごろ(日本時間10時頃)、大規模な爆発が起きた。爆発があった直後に、現場上空にキノコ雲が発生し、広範囲に住宅が倒壊した。寧波市当局は2人が死亡、2人が重傷を負ったと発表した。また中国政府系メディアは30人以上が病院に運ばれたと報道した。原因は現時点でまだ不明。

 爆発があった同市江北区李家西路の周辺は工場が多く、住宅団地も隣接している。

 中国政府系メディア「中央人民ラジオ」は、爆発が発生した場所は建物の解体工事が進められているため、住民はいなかったとしながらも、「廃品回収を行っている人がいた可能性はある」と伝えた。

 事件現場と同じ通りにあるレストランのオーナーが大紀元の取材に対して、爆発で店の窓ガラスが全部割れたため、臨時休業にしたと話した。

 オーナーは「爆発の原因は中央テレビの報道をみないと、何も言えない」と言葉少なに話した。

 国内インターネット上で、目撃者たちは、現場近くの道路に止めてあった自動車ががれきで壊れたり、建物が崩れたりするなどの深刻な被害状況を、写真や動画で投稿した。

 市民が寄せた情報によると、地元警察当局が現在、事件現場への立ち入りを禁止し、厳戒態勢をしき始めた。

 またネット上では、一部のネットユーザーは、爆発に関する一部の投稿が当局により削除された、と批判している。

(記者・顧暁華/駱亜、翻訳編集・張哲)