【詳細】他の写真はこちら

マレーシア出身のIris(アイリス)が、11月24日から3日間シンガポールにて開催されたアジア最大のアニメの祭典『C3AFAシンガポール2017』に参加。北京語・広東語・福建語・マレー語・英語・日本語と6言語が話せるIris(アイリス)は、多民族が集うシンガポールでの今回のイベントにて、そのキャラクターと才能で会場を魅了した。

初日、メインステージでのオープニングアクトとして登場したIris(アイリス)は、タイ、インドネシア、台湾、そして故郷マレーシアからも多数のオーディエンスが集った会場で、得意の多言語でMCを繰り広げ、すぐさま会場をひとつにまとめると、劇場版『コードギアス 反逆のルルーシュI 興道』主題歌「赤だけが足りない」などを歌唱。そのコミカルなキャラクターとコミュニケーション能力で、サンテック・シンガポール国際会議展示場のオーディエンスをすっかり虜にする事に成功した。

その後、実施されたCD即売会では故郷マレーシアからのファンが多数駆け付け、用意されたCDは即完売。マレーシアのメディアからの取材も多数あり、さながら故郷に凱旋するようなイベントとなった。

2日目は、AKIBAステージにて流暢な英語と共に、トーク&ライブを披露。

さらに、夕方からは人気コスプレイヤー、えなこと2人でニコニコ生放送のMCに初挑戦。中国で絶大な人気を誇るコスプレイヤー“Baozi & Hana”、ロシアの有名コスプレイヤー“Serge Loki”など、世界各国から訪れた人気コスプレイヤーへのインタビューに多言語で対応した。

Iris(アイリス)本人も、『コードギアス 反逆のルルーシュ』に登場する「アッシュフォード学園生」のサンライズ公式コスプレ制服を衣装として着用。他のコスプレイヤーと共に華やかに番組を進行し、通訳も完璧にこなした。

ニコ生コメントでは、今回の『C3AFAシンガポール2017』で明らかとなったIris(アイリス)の多彩な才能への賛辞の言葉が並び、そのコミカルキャラクターとのギャップに驚くファンが続出した。

2日間の充実した活動を終え、「楽しい経験でしたー! ありがたやー!」といつもどおりの屈託ない笑顔で会場を後にしたたIris(アイリス)。その大きな才能が深く印象を残すイベントとなった。

リリース情報



2016.10.18 ON SALE

Iris

SINGLE「赤だけが足りない」

『C3AFAシンガポール2017』OFFICIAL WEBSITE

https://animefestival.asia/

『コードギアス 反逆のルルーシュ』特設サイト

http://www.geass.jp/L-geass/

Iris OFFICIAL WEBSITE

http://www.irisofficial.com/