<UBS香港オープン 最終日◇26日◇香港GC(6,703ヤード・パー70)>
欧州ツアー2017-2018シーズン開幕戦「UBS香港オープン」の最終日が終了。アジアンツアーとの共催大会でもある同大会、ウェイド・オームズビー(オーストラリア)がトータル11アンダーでツアー初優勝を決めた。

トータル9アンダー2位タイから出たオームズビーは、この日を4バーディ・2ボギーの“68”でラウンド。2スコア伸ばして栄冠を手にした。
1打差2位タイには、ラファエル・カブレラ・ベロ(スペイン)、アレクサンダー・ビョーク(スウェーデン)、ジュリアン・スリ(米国)、ポール・ピーターソン(米国)の4人が続いた。
また、日本から唯一の参戦となった谷原秀人は、トータル2アンダー31位タイで終えた。
【最終結果】
優勝:ウェイド・オームズビー(-11)
2位T:ラファエル・カブレラ・ベロ(-10)
2位T:アレクサンダー・ビョーク(-10)
2位T:ジュリアン・スリ(-10)
2位T:ポール・ピーターソン(-10)
31位T:谷原秀人(-2)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

谷原秀人が欧州開幕戦に出場 香港で新シーズンへ
進化する38歳・谷原秀人、欧州ツアーの大舞台に向け「もっと上手くなりたい」
松山英樹 テレビマッチ収録でリラックス「全体的に楽しかった」
松山英樹、試合で初のエース達成!次ホールでは「フワフワする感じ」を初体験
松山英樹、ジャンボに刺激ではなく「引退を…ね(笑)」