合コンや飲み会で知り合ったばかりのカレ。

まだお互いによく知らない仲だけど、「この人だったら、お持ち帰りされてもいいかも」「今日はこのまま一緒にいたい」そんな高まる感情を抑えきれず、さりげなく“お持ち帰りOK”サインを送った経験がある女性は少なくないのでは?


出典:https://www.shutterstock.com

今回は、お持ち帰り経験のある20〜30代独身女性たちに、“こっそり実践しているお持ち帰りテク”を伝授してもらいました!

 

■自分より可愛い子は呼ばない!

「性格悪いと思われるかもしれないけど、ここだけの話、今夜はお持ち帰り希望……って日は、絶対に自分より格上の友達を連れて行かない。」(27歳/経理)

「少しでも勝率を上げるためには、可愛い子を呼ばないのも必要なことでしょ?」(25歳/事務)

男性にチヤホヤされるためには、事前準備も大切! あらかじめ自分より可愛い子を省いておくのも、意中のカレにお持ち帰りされるためには大切なテクニックの1つのようですね。

はっきりとした基準はありませんが、ルックスやトーク、ファッション、職業などを参考にあなたが有利になるようなメンバー選びをしてみてはいかがですか?

 

■チラ見せファッションを心がける!

「スリットの入ったスカートで足を組み変えたり、ざっくりニットで肩や胸チラをしたり。やり過ぎない程度のチラ見せを意識している。」(26歳/IT)

「カレに見られていることを確認しながら、可愛らしく背伸びをする」(24歳/歯科衛生士)

男性の大好物といえば、やっぱりチラ見えファッション。パンチラ、胸チラ、ブラチラ…….。お酒の席では、狙いすぎたくらいが刺激的でちょうどいいと考える女性が多いよう。あなたも“ここぞ”というときは大胆に攻めてみて!

 

■酔ったフリをしてスキを見せる!

「立ち上がった瞬間ふらついてもたれ掛かると、大抵の男性は“大丈夫?”“家まで送ろうか?”と声をかけてくれる。」(26歳/広告)

「“飲みすぎちゃった”って甘えるのもいいけど、“まだ飲み足りない”“帰りたくない”と駄々をこねるのも効果的!」(28歳/金融)

合コンや飲み会で「この子はガードが固そう」と思われたらアウト! お持ち帰りされたければ、男性が手を伸ばしたら届きそうなスキを見せることがポイントです。ただし、堂々とやり過ぎると同性の反感を買ってしまうことがあるので、アプローチは“こっそり”を意識してくださいね。

 

■さりげないボディタッチ&アイコンタクトを忘れない!

「気になる男性の隣をキープしたら、あとはできるだけ肌の触れ合う機会を増やす。脇や太ももなど、きわどいところを攻めれば雄スイッチが入ること間違いなし!」(24歳/事務)

「相手が話をしているときは、とにかくカレをじーっと見つめること。離れているところで目が合ったときは、ニコッとすること。これだけで、男ウケが全然変わってくる。」(28歳/医療事務)

男性はボディタッチやアイコンタクトに弱いもの。たとえ気のない女性からのアプローチでも、「お持ち帰りオッケーってこと?」とテンションが上がると言います。意中のカレを振り向かせるためには、“あざとさ”も必要なのかもしれませんね。

 

いかがでしたか? “お持ち帰り”と聞くと、どうしてもマイナスイメージを持たれがちですが、燃え上がるような熱い夜から始まる本気の恋だってあるんです。そろそろ恋愛をしたい……という女性は、今回ご紹介したお持ち帰りテクを参考に、男性と向き合ってみてはいかがでしょうか。

【取材協力】

※ 20〜30代独身女性

【画像】

※ Versta/shutterstock

【関連記事】

※ いつもワンパターン!エッチが下手な男性がやりがちな失敗

※ 【手相占い】危険を察知!あなたの“霊感”の強さ

※ 【生まれた順でわかる彼の出世度】真ん中っ子はワンマンタイプ!