試合終了間際にはドリブルからDFを揺さぶってシュートを放つ。得点には絡めなかったが、潜在能力の一端は示した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ33節]広島 2-1 FC東京/11月26日(日)/Eスタ
 
 67分、FC東京が勝ち越しを許した直後だった。背番号41、久保建英が永井謙佑との交代でエディオンスタジアム広島のピッチに足を踏み入れた。年齢は16歳5か月22日。J1歴代3番目の若さでのデビューとなった。

 
 気負いはない。緊張などとは無縁のように、実に自然にゲームに入った。本人も「ピッチにはすぐに溶け込めた。昨年のほぼ同じ時期にJ3デビューした時は硬さもあったが、今回は練習から一緒にやらせてもらっていたので、比較しても良いプレーができた」と話す。
 
 スペースを見つける能力、そこにオン・ザ・ボールとオフ・ザ・ボールに限らず侵入する力、ボールタッチ。相変わらず非凡さは感じさせた。ただ、同時に物足りなさがあったのも事実だ。それはもはや「16歳」という年齢の枠組みで“久保建英”という選手が見られていないからでもある。
 
 非凡な才能を感じさせたのは、90+3分のシーンだ。センターサークルから敵陣にやや入った場所でボールを前向きに受けるとドリブルを開始。相手DFを振りほどき、右、そして左へ切り返し、シュートを放った。結果としては、GK林卓人の正面に飛んで難なくキャッチされてしまった。
 
 ボールをミートするまでは思い描いた絵を忠実に再現できていただけに、大きく両手を叩いて無念さを滲ませる。では、ドリブル開始からどんな思考で身体が動いていたのか。久保の言葉を借りよう。
 
「相手DFに詰めてきてもらう状況を作って、股下からファーに蹴れたらと思っていた。しかし、ちょっとコースがズレてGKの正面にいってしまった。狙った場所へ飛んでいれば『もしかしたら……』と考えると悔しい」
 
 天晴れとしか言いようがない。わざと間合いを詰めさせ、左右に揺さぶり、開いた股下からゴールネットを揺らそうと試みたというのだ。ただ、「狙ったところにボールがいかないのは練習不足ということ。帰ってからもっと練習をしたい」と本人は反省しきりだった。
 
 アディショナルタイムを含めれば、この日の出場時間は30分弱に及んだ。少なからず刺激はあったはずだが、トップリーグデビューを果たした現状にも、「もっと成長しない限り、今の自分の総合的な実力ではチャンスをもらえても途中出場が多くなってくる」と舞い上がらずに分析する。
 
「でも……」と言葉は続く。「今日、掴めるものを掴んだので。この感覚を失わないように、コンスタントに試合に絡んでいけたらと思う」。
 
 たとえJ1であろうと、メンバー表の名前がサブからスタメンになるように。雰囲気が少し大人びた“少年”の旅路はきっと輝いている。才能溢れる男に、幸多くあれ。
 
取材・文●古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

【広島 2-1 FC東京 PHOTO】ホーム最終戦でJ1残留を決めた広島!試合後はミキッチが涙の退団セレモニー。FC東京の久保はJ1初出場!