16シーズンぶりJ1残留の札幌DF河合竜二が左足腓骨骨折及び左足三角靭帯損傷

写真拡大

▽北海道コンサドーレ札幌は26日、MF河合竜二が左足腓骨骨折及び左足三角靭帯損傷と診断されたことを発表した。なお、全治については明かされていない。

▽河合は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第32節の清水エスパルス戦(2-0で札幌が勝利)に先発。しかし、接触で体を痛めて43分に負傷交代していた。

▽河合は2011年に横浜F・マリノスから加入。今シーズンはここまでJ1リーグで20試合、YBCルヴァンカップに5試合出場している。