首位に浮上した栃木が逃げ切るか

写真拡大

 J3リーグは26日、第33節を行った。

 勝ち点58で首位のブラウブリッツ秋田は藤枝MYFCと敵地で対戦。前半はスコアレスに終わったが、後半に3失点により完封負けを喫した。秋田と勝ち点で並ぶ栃木は、AC長野パルセイロをホームに迎え、スコアレスドロー。勝ち点1を獲得するにとどまった。

 上位2チームと勝ち点1差で3位のアスルクラロ沼津はギラヴァンツ北九州と対戦し、こちらもスコアレスドローに終わった。この結果、栃木が勝ち点59で首位となり、沼津が得失点差で秋田をかわして2位に浮上した。

 12月3日に行われる最終節では、栃木と沼津が直接対決。秋田は最下位ガイナーレ鳥取と対戦する。上位3チームで昇格に必要なJ2ライセンスを持つのは栃木のみとなっており、栃木の結果次第では、J2最下位のザスパクサツ群馬の残留・降格も決まる。

 以下、J3順位表と最終節日程

【J3順位表】

1.栃木(59)+20

2.沼津(58)+33

――――J2自動昇格――――

3.秋田(58)+19

【第34節】

12月3日(日)

福島 13:00 盛岡 [とうスタ]

長野 13:00 北九州 [長野U]

藤枝 13:00 YS横浜 [藤枝サ]

沼津 13:00 栃木 [愛鷹]

鳥取 13:00 秋田 [とりスタ]

鹿児島 13:00 相模原 [鴨池]

琉球 13:00 富山 [沖縄県陸]

F東23 13:00 C大23 [駒沢]


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ