【新食感】皮を使わない「もやし焼売」がプチプチ美味〜!

写真拡大 (全3枚)

プチプチ食感の焼売!?


節約食材の代表格「もやし」。安くていろいろな料理に使えるため、食卓に並ぶ頻度が高い食材ですよね。そんなもやしが、実は「焼売の皮」に使えるって知っていましたか?

焼売のタネにもやしをまぶして蒸すだけで、プチプチ食感が楽しい「もやし焼売」が完成するんです!

「もやし」の使い方がポイント


もやしは、袋の約1/3を皮として使い、残りは蒸すときに使います。蒸す際に、焼売の下にもやしを敷き詰め、もやしの水分でしっかり蒸し上げます♪

詳しい作り方をチェック!


もやしの皮シュウマイ

by S Minami

しゅうまいりの皮の変わりに
もやしを使って蒸しました。
もやしがプチプチして意外な一品です。

つくれぽにも「美味しかった」の声が!


つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)にも、「プチプチ新食感、美味しい!」「もやし!良いです!!」というコメントが!


焼売の美味しさを表現するとき、“モチモチ”や“ジューシー”という言葉を使う人が多いと思いますが、これからは“プチプチして美味しい”というコメントも多く見るようになるかもしれませんね。

いかがでしたか?節約にも嬉しいもやしを使って、プチプチ新食感の「もやし焼売」にチャレンジしてみませんか♪