アイドリングストップと電動パワーステアリングを採用

 スバル(SUBARU)は、「サンバーバン」と「ディアスワゴン」の改良モデルを発売した。今回の改良では、サンバーバンはABSを標準装備し、ディアスワゴンにはVDCと予防安全システム「スマートアシスト掘廚鯢現狒備とした。サンバーバンには、スマートアシスト靴魯プションで装備可能だ。

 スマートアシスト靴蓮⊂彳猷麋鮖抉腑屮譟璽機能(対車両・対歩行者)/車線逸脱警報機能/AT誤発進抑制制御機能(前方誤発進・後方誤発進)/先行車発進お知らせ機能/ハイビームアシストを備え、軽乗用車ですでに高評価を得ているシステムである。

 エクステリアでは、ブラックを強調させたワイルドな新デザインのフロントグリルを採用。台形モチーフを取り入れた、より安定感を強調させるスタイルに仕上げている。リヤバンパーは、従来型と比べて丸みを減らし、エッジの効いたスクエア型に。また、バンパーサイドには交換可能なサイドカバーを採用し、傷つく可能性の高いパーツの修理負担軽減を図っている。

 さらに、ヘッドライトは従来モデルよりもシャープでスタイリッシュな形状にし、多灯式LEDヘッドライトとメッキベゼル付きのLEDフォグランプとを組み合わせたLEDパックを設定(一部グレードはオプション)した。加えて、リヤコンビネーションランプにはLEDテール&ストップランプを搭載し、視認性と質感を向上させている。

 インテリアにおいては、室内全体をブラック基調のシックな色合いでまとめている。新デザインのインパネを採用したほか、マルチインフォメーションディスプレイ付きメーターを搭載するなど、大幅に質感と利便性を高めた。

 そして、両車ともに全グレードで、アイドリングストップと電動パワーステアリングを採用し、燃費性能のアップも実現。ビジネスユースとして活躍することの多い2台だが、働く人にうれしいブラッシュアップとなっている。