高い決定力を披露したC大阪FW杉本健勇

写真拡大

[11.26 J1第33節 C大阪3-1神戸 ヤンマー]

 3位セレッソ大阪がホームで9位ヴィッセル神戸に3-1で勝利した。立ち上がりに神戸のMF渡邉千真に先制点を許したが、FW杉本健勇の2ゴールとDFマテイ・ヨニッチの1得点で逆転。4日に行われたルヴァン杯決勝でのクラブ史上初のタイトル獲得後、2試合連続で逆転勝ちを収め、来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内となる3位以内を確定させた。

 C大阪は前節・横浜FM戦(4-1)から先発1人を変更。今季ここまでリーグ戦全32試合にフル出場していたMF山口蛍が負傷で欠場し、5試合ぶりのスタメン出場となったMF山村和也がボランチに入った。対する神戸は前節・広島戦(1-2)から2人をチェンジ。MFニウトンが13試合ぶり、FW大槻周平が15試合ぶりに先発起用された。

 C大阪は4日にルヴァン杯初優勝を果たしてから、本拠地では初めてのゲーム。ユニフォームの左胸に星を付けてヤンマースタジアム長居に凱旋し、今季リーグ戦でのホーム最終戦に臨んだ。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が見守る中、先制したのは2年連続の一桁順位を目指す神戸だった。前半11分、鳥栖時代に尹晶煥監督の指導を受けたMF藤田直之が左サイドからロングスローを送り、ニアのDF渡部博文が頭でファーへ流す。最後はキャプテンの渡邉が右足でゴール左に押し込んだ。

 前節に続いて序盤に失点を喫したC大阪だったが、タイトルを手にして自信をつけたチームはここから慌てることなく反撃を開始する。前半41分に右サイドのDF松田陸が右足で速いクロスを送ると、ニアのMF山村和也を越えたボールがファーの杉本へ。C大阪のエースはDF藤谷壮に競り勝ち、地面に叩きつけたヘディングシュートをゴール中央に決めた。

 1-1で前半を終え、後半22分には右CKからDF丸橋祐介が左足でインスイングのクロスを供給。PA内中央でジャンプしたヨニッチが最高到達点で合わせ、力強いヘディングシュートがGK徳重健太の右手を弾いてゴール左に転がり込む。ヨニッチの2試合連続となる今季6得点目で2-1と試合をひっくり返した。

 とどめの3点目は後半42分。左サイドの丸橋がドリブルでPA内左に進入し、左足でマイナス方向へ速いボールを出す。PA内中央で待っていた杉本が左足でゴール中央に流し込み、得点ランク首位となる今季22ゴール目。ハリルホジッチ監督の目の前で、チームの公式戦8連勝を導くマルチ得点の活躍を見せた。

 FWルーカス・ポドルスキが存在感を示せなかった神戸は、後半途中からFWハーフナー・マイクを投入して前線のターゲットを増やしたが、奏功せず。8月以来となる連敗を喫し、12月23日に同スタジアムで控える天皇杯準決勝の再戦に嫌なイメージを残す形となった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第33節1日目 スコア速報