ジェイのゴールで札幌が勝利

写真拡大

[11.26 J1第33節 G大阪0-1札幌 吹田S]

 北海道コンサドーレ札幌がガンバ大阪を1-0で下した。

 前節、16年ぶりのJ1残留を決めた札幌は前半9分、MF荒野拓馬が負傷によりMF稲本潤一との交代を余儀なくされる。押し込まれる展開が続いたが、FWジェイが遠めからでも積極的にシュートを放ち、DF福森晃斗のFKからもチャンスを作るなど、G大阪ゴールに迫った。

 今季ホーム最終戦となるG大阪は、今季限りで退団する長谷川健太監督のためにも勝利したいところ。前半は、ボール支配率64%と主導権を握ったが、決定機につなげることができず、前半8分に左サイドを突破したMF倉田秋のクロスをニアに飛び込んだFW長沢駿が頭で合わせるが枠を外れる。29分には、MF遠藤保仁のスルーパスで長沢が抜け出すが、惜しくもオフサイドだった。

 スコアはなかなか動かなかったが、稲本が古巣相手に鋭いミドルシュートを浴びせるなど、札幌が徐々にG大阪を押し込み始めると、27分に先制点が生まれる。左サイドのCKから途中出場のFW菅大輝がクロスを入れると、ジェイが頭で合わせて1-0。背番号48の2試合連続ゴールで札幌がついに均衡を破った。

 その後、G大阪は次々に交代カードを切り、FW呉屋大翔とMF井出遥也を投入したが、流れを変えることができず、試合終了。G大阪は0-1でホーム最終戦を終えた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第1節1日目 スコア速報