<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 最終日◇26日◇宮崎カントリークラブ(6,448ヤード・パー72)>
史上初となる最終戦での逆転シードはならなかった。優勝すれば賞金ランク50位以内に入るキム・ヘリム(韓国)はトータル3オーバーの22位タイでフィニッシュ。シード圏内に入ることはできなかった。
今季1年の締めくくり!最終戦の様子を特選フォトで振り返る
ヘリムは今年7月に行われた「サマンサタバサレディース」で日本ツアー初参戦・初優勝し、来年の同大会まで1年間の出場権は手にしたものの、優勝した当時はLPGA会員ではなかったために賞金はランキングに反映されず。そのため、現在の獲得賞金は単年登録をした後に出場した「日本女子オープン」以降に獲得した賞金額のみとなり、賞金ランク50位から漏れた。
これで来年の賞金シード50人が決定。50位につけていた大山志保は現在公傷制度適用中だが、来年1年シード選手として戦えることが決まった。
一方、シードを獲れなかったヘリムだが、来年のサマンサ-までの出場資格は得ており、来年も日本ツアーに出場することを明言。「来年は日本で活躍したいですね。そうなった場合、韓国の試合も出ますが、スポンサーの方々と相談しながらスケジュールを上手く調整して日本の試合に結構出たいと思っています。来年に向けては、韓国と日本では芝質が違うのでアプローチを練習して臨みたいと思います」と本格参戦への意気込みを語った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

史上初、最終戦でシード争い逆転なるか!?すべてはキム・ヘリム次第
こちらも大混戦!MVPレースは未だ5人に可能性あり!
キム・ヘリムが日本ツアーにカムバック!残り3戦でのシード獲得に意欲
キム・ヘリムの安定感を生み出す“グリップエンド”と“ヘソ”の距離【辻にぃ見聞】
サンタのコスプレ姿を披露!イ・ボミのフォトギャラリー