提供:週刊実話

写真拡大

 戦地ではケガや病気がつきもの。戦闘による負傷はもちろん、衛生環境が悪化しやすい前線で感染症を患ったリ、慣れない地での任務では風土病に悩まされることも多かったであろうことは、現代に生きる我々でも容易に想像がつく。しかし、そんな我々が見落としがちなのが、戦地における性病の流行だ。

 不謹慎な話に感じる読者もいるかもしれないが、なにせ危険な戦闘地域には女性があまりいないので、相手をしてくれる女性にはどうしても男が集中する。そんな環境で性病が発生すれば、たちまち部隊の大部分が性病もちになりかねず、衛生環境や兵士たちの健康状態が一気に悪化しかねない。実際、ベトナム戦争中に米軍や韓国軍が利用したとされる慰安所も、軍医の定期的な検診を行っていたにもかかわらず感染率は1000分の200に達し(1966年)ていたらしい。つまり5人に1人は感染していたというのだから、戦地における性病予防がいかに大変なことかが分かるだろう。

 そうした事情は、もちろん第二次世界大戦中の日本とて同じこと。当時の日本軍は性病から兵士たちを護る目的で、公式のコンドームを支給していたという。その名も『突撃一番』。その名の由来については一説によれば、戦地で突撃の際には頭に「鉄帽」をかぶることと、女のアソコに突撃する前にアソコにコンドームをかぶせることをかけたものといわれている。誰が決めたか知らないが、ずいぶん粋なネーミングを考えたものである。

 そんな冗談のようなネーミングからは想像もつかないが、このコンドームの使用はかなり厳格に定められていたそうで、性交の際には性病予防薬『星秘膏』と併せて用いるルールになっていたといわれている。真偽不明ではあるが、性病に感染した際には慰安所に行ったことよりもコンドームをちゃんと着けなかったことの方が怒られたという話もある。

 ちなみに、突撃一番は陸軍専用で、海軍では同様に『鉄兜』という名前のコンドームが支給されていたといわれている。しかし、もっぱら話題にのぼるのは突撃一番ばかりなのは、やはりそのネーミングの妙によるものだろうか…。