「朝に運動をすると良い」とはよく聞きますが、実際にこれを実行に移すのは難しいことですよね。朝は眠たいし気分も憂うつだし、時間がない…とても運動をするような気分にはなれません。そこで、忙しい朝でも毎日習慣化できるようなおすすめの運動をご紹介していきます。

ウォーキングorランニングが定番

朝の運動と言えば、ウォーキングやランニングが定番ですね。有酸素運動であるウォーキングやランニングをすると、交感神経が優位に働いて眠気覚ましになります。気分の落ち込みも晴れて、その日1日を元気はつらつに過ごすことができますよ。また、ウォーキングやランニングのために朝から外出することで、朝日を浴びることができます。朝日を浴びることは「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌を促しますから、ポジティブな1日のスタートをきることができるのです。

軽い筋トレで代謝アップ

朝から外出するのが億劫に感じる人は、室内で筋トレに挑戦してみてはいかがでしょうか?おすすめはスクワットや腹筋、腕立て伏せですね。筋トレで筋力を鍛えると、基礎代謝がアップします。朝から代謝がアップすれば脂肪の燃焼量もアップしますから、ダイエットをしたい人には嬉しい効果がありますよ。中でもスクワットは、筋肉を大きく動かすことのできるトレーニングです。運動不足が気になる人や、ダイエットをしたい人は朝の筋トレを習慣化してみてください。

ストレッチで血流を促進

朝にストレッチをするなら、寝起きの時間帯がおすすめです。ストレッチは筋肉をググッと伸ばして、血流を促進する効果が得られます。そのため目が覚めたばかりの身体を覚醒させるのに最適なのです。二度寝をしてしまいそうな日や、なかなかスッキリ起きられない日などには寝起きにストレッチをしてみてください。初心者さんには、続けやすい「猫伸びストレッチ」がおすすめです。

ラジオ体操なら室内で簡単にできる

子どもの頃、夏休みにラジオ体操をしましたよね?ラジオ体操は簡単な動きながらにカロリーを消費できる運動です。15分間ラジオ体操を行うだけで、ウォーキングをしたときとほぼ同じ量のカロリーを消費できるのです。室内でも簡単にできますから、朝の運動に何をしようか悩んでいるのであれば、まずはラジオ体操から始めてみても良いですね。


writer:さじや