<カシオワールドオープン 最終日◇26日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
高知県のKochi黒潮カントリークラブを舞台に行われている国内男子ツアー「カシオワールドオープン」。全選手が最終ラウンドの競技を終え、トータル13アンダーのスンス・ハン(韓国)がツアー初優勝を決めた。

この日をトータル7アンダー4位タイから出たハンは、7バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを6つ伸ばしす猛チャージを見せて優勝を手にした。
1打差2位タイには今季初のベスト3入りを果たした石川遼、時松隆光、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、キム・キョンテ(韓国)の4人が、首位と2打差の6位には谷口徹が入った。
賞金ランキング首位の小平智、同2位の宮里優作はトータル8アンダー8位タイに、同ランク4位の池田勇太はトータル5アンダー21位タイで終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

時松隆光 優勝争いの中でも勉強中!賞金王から“間合い”を学ぶ
石川遼 ショットには手ごたえも「練習量の足りてない部分が出た」
宮里優作、逆転での賞金王戴冠へ「大胆かつ冷静に」
“新しい景色”が見えるようになった!石川遼のスイング改造の進捗状況
石川遼 パター変更で気分転換!今季ベストの“66”で優勝戦線に