C大阪、ACL出場が決定! 杉本健勇が2ゴール、得点ランク単独トップに

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第33節が行われ、セレッソ大阪とヴィッセル神戸が対戦した。

 試合が動いたのは11分。神戸が左サイド高い位置でスローインを得ると、藤田直之がロングスローをゴール前に送り込む。味方がつないだところを渡邉千真が右足で押し込んで先制した。ボールを支配してゴールを目指すC大阪は41分、ソウザ、松田陸とつないで右サイドからクロスを送ると、山村和也の空けたスペースに走り込んだ杉本健勇がヘディングシュートを叩き込んで試合を振り出しに戻した。

 勢いそのままに後半もC大阪がチャンスを作り、清武弘嗣、松田が惜しいシュートを放つ。すると67分、逆転に成功する。右サイドからのCKをマテイ・ヨニッチが高い打点からシュート。GKが弾いたボールがそのままゴールに吸い込まれた。さらに87分にも丸橋祐介の折り返しを杉本が決めてリードを拡げた。

 このまま試合終了を迎え、C大阪が3−1で神戸に勝利。4位柏レイソルが引き分けたため、3位以上が確定し、来シーズンAFCチャンピオンズリーグ参加が決定した。また、2ゴールをあげた杉本は得点ランキング単独トップに躍り出た。

 最終節は12月2日に行われ、C大阪はアウェイでアルビレックス新潟と、神戸はホームで清水エスパルスと対戦する。

【スコア】
セレッソ大阪 3−1 ヴィッセル神戸

【得点者】
0−1 11分 渡邉千真(ヴィッセル神戸)
1−1 41分 杉本健勇(セレッソ大阪)
2−1 67分 マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)
3−1 87分 杉本健勇(セレッソ大阪)