福岡がJ1昇格プレーオフ決勝進出! 元日本代表MF山瀬の決勝弾で東京Vに1-0勝利

写真拡大

山瀬の豪快ミドル弾で勝利 井原監督就任後、2度目のJ1昇格プレーオフ決勝進出

 J1昇格プレーオフのアビスパ福岡対東京ヴェルディが26日、熊本のえがお健康スタジアムで行われた。

 J2リーグ4位でプレーオフに進んだ福岡が元日本代表MF山瀬功治のゴラッソで1-0の勝利を収め、決勝に駒を進めた。2度のJ1年間優勝経験を持つ名門・東京Vは攻撃陣が不発に終わり、10季ぶりのJ1昇格という夢半ばで倒れた。

 前半14分、FWウェリントンのボール奪取から前を向いた山瀬がペナルティーエリアの外から左足のミドルシュートをゴール左上隅に突き刺し、リーグ4位でプレーオフに進出した福岡が試合の均衡を破った。福岡イレブンは子どもが生まれたばかりだという竹原靖和アシスタントコーチに向けたゆりかごパフォーマンスでゴールを祝福した。

 引き分けの場合は年間順位上位のチームが勝ち上がりとなるため、東京Vは最低でも2点が必要となった。後半9分という早い時間に背番号10のMF高木善朗とFWカルロス・マルティネスという攻撃的なカードを切るなど反撃体制を整える。

 ボールを保持してテンポ良くボールを回していた東京Vだが、湘南ベルマーレと並ぶリーグ最少失点(36)を誇る福岡の守備を崩し切ることはできず。後半33分には福岡GK杉山力裕のパスミスに乗じた決定機を迎えたが、ここも福岡の体を張った守備に防がれてゴールを奪えなかった。

 最小得点差で勝利を手にした福岡は井原正巳監督就任後、2度目のJ1昇格プレーオフでも決勝進出を果たした。1年でのJ1返り咲きを目指し、名古屋グランパスとジェフ千葉の勝者と12月3日(16時キックオフ)に対戦する。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images