25日、重慶晨報は記事「日本著名化粧品店に“中国の方出入り禁止”の貼り紙、メーカーは謝罪」を掲載した。中国のSNS上で、ポーラ化粧品のある店舗に「中国の方出入り禁止」という貼り紙が貼られていたとの書き込みがあり、炎上騒ぎとなっている。

写真拡大

2017年11月25日、重慶晨報は記事「日本著名化粧品店に“中国の方出入り禁止”の貼り紙、メーカーは謝罪」を掲載した。

【その他の写真】

24日、中国のSNSの書き込みが注目を集めた。著名化粧品メーカー、ポーラ化粧品のある店舗に「中国の方出入り禁止」という貼り紙が貼られていたという。二次大戦前、上海市の租界では、一部公園に「中国人と犬、入るべからず」との看板が掲げられていた。中国人にとっては国辱の象徴であるだけに、書き込みはすさまじい勢いで拡散し、話題となった。

25日午後、ポーラ化粧品は公式SNSアカウントで声明を発表。中国人に不快感を与えたことを謝罪し、該当の店舗に貼り紙を剥がすよう指示。調査によって事実と確認された時点で同店舗の代理店資格を取り消し、重大な処罰を科すと約束している。(翻訳・編集/増田聡太郎)