【海外ドラマ飯】おうち女子会専用、懐かし『セックス・アンド・ザ・シティ』の「ピンク色のカクテル」簡単レシピ

写真拡大 (全5枚)

「海外ドラマ飯」シリーズ、SATCこと『セックス・アンド・ザ・シティ』。1998年にドラマの第1話が始まり、ニューヨークに暮らす等身大の女性4人が繰り広げるたくさんの恋とファッショナブルなライフスタイルに世界中の女性が憧れました。今回は、ドラマの名脇役だったピンク色のあのカクテルの再現にチャレンジです!

元記事を見る>>

『セックス・アンド・ザ・シティ』のN.Yのキラキラがぎゅっと詰まったカクテル

キャリー、ミランダ、サマンサ、そしてシャーロット。『セックス・アンド・ザ・シティ』のメインキャストであるこの4人の名前を聞いて、キュンと胸ときめく女性は多いはず。恋に仕事、ドレスにシューズ…。4人のお姉さまたちは、ちょっと背伸びした女性としての多くのたしなみを教えてくれました。シリーズはseason8まで続き、映画も2本、その人気は説明するまでもありません!

そんなドラマの主人公キャリーがドラマの中で必ずオーダーしたのが、ショートカクテル「コスモポリタン」。このピンク色が美しいカクテルは、度数高めの中甘辛口。N.Yのキラキラがぎゅっと詰まったような、ゆれ動く女性の心そのもののような一杯です。

ウォッカベースのこのカクテルは、クランベリーとライムの2つのジュースが織りなす繊細なテイストが魅力です。ぜひ女子会で作って、果実のほど良い酸味と何よりも美しいピンク色をお楽しみください。
また今日はアルコールが苦手な方のために、ノンアルバージョンも作っちゃいますよ〜。

■材料 ショートカクテル1杯分

【通常バージョン】
ウォッカ…30ml
クランベリージュース…30ml
コアントロー(ホワイトキュラソー)…10ml
ライム…ひとしぼり

【ノンアルバージョン】
オレンジ味のサイダー(加糖)…40ml
クランベリージュース…30ml
ライム…ひとしぼり

※市販のライムジュースを使う場合は10ml


■作り方
【通常バージョン】
シェーカーに材料全てと氷(分量外、適量)を入れて撹拌し、氷を入れないようにグラスに注ぐ。

※バーテンダーさんのような銀色のかっこいいシェーカーが無くても、写真の様な密閉できるフタつきのジャグやガラス瓶などで代用できます!


【ノンアルバージョン】
シェーカーにサイダー以外の材料と氷(分量外、適量)を入れて撹拌し、冷えたサイダーを混ぜてから、氷を入れないようにグラスに注ぐ。

※ノンアルカクテルを美味しく作る「3つのコツ!」
1. カクテルのノンアルバージョンを作る時は、アルコールの特徴(香り・色など)が似たソフトドリンクに置き換えることがポイント。今回なら、オレンジ風味のコアントローに代わり、オレンジ味のサイダーを使用すると、それっぽい雰囲気になりますよ♪

2. また、アルコールの「喉にカッとくる刺激」と「旨み・コク」を炭酸と甘味で表現するのもノンアルカクテル作りのコツ。ウォッカの強い口当たりにより似せたい方は、炭酸が強いサイダーにすると良いと思います。

3. グラス選びも大切。脚付きのカクテルグラスなどアルコールバージョンと同じものを使って雰囲気づくりを!



飲むだけでSATCの4人の素敵ライフに近づける気がする、女性らしい可愛いカクテル。一口、カクテルを飲んだら、マノロブラニクのスーパーハイヒールでマンハッタンを闊歩するキャリーに久しぶりに会いたくなるはず!でも度数高めのショートタイプですから、飲み過ぎに注意ですよ!

シェーカーを使うのは、急速に冷やすのと、細かく砕けた氷を入れるためなので、シェーカーがない場合は、あらかじめ材料を全て冷蔵庫で冷やしておき、直接グラスで注ぎ混ぜてくださいね。