浦和レッズの日本代表MF長澤和輝【写真:Getty Images】

写真拡大

ACL決勝第2戦、立ち上がりからハイプレスを敢行…長澤が流れを作る立役者に

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(CL)決勝第2戦は25日、浦和レッズがアル・ヒラル(サウジアラビア)を1-0で破り、10年ぶりにアジア王者に輝いた。手に汗握る接戦に終止符を打ったのは決勝弾を叩き込んだFWラファエル・シルバだが、相手に攻め込まれながらも無失点で切り抜けられた背景には日本代表MF長澤和輝の存在があった。海外メディアも「プレッシングをかけ続けていた唯一の人物」と評した上で、「浦和の大きな武器となっていた」と称賛している。

 浦和のみならず、日本サッカー界にとっても大きな勝利だった。

 敵地での初戦を1-1と引き分けた浦和は、立ち上がりからハイプレスを敢行。アル・ヒラルにボールを持たれても、球際で激しい“デュエル”を展開し、簡単にチャンスを作らせなかった。スコアレスで前半を折り返したゲームが動いたのは後半43分。相手最終ラインの背後に出たボールにシルバが抜け出すと、GKとの1対1で強烈なシュートを決めて待望の1点を奪った。

 退場者を出しながらも猛攻を仕掛けるアル・ヒラルをはね返し、浦和は1-0で勝利。10年ぶりのアジア王者に輝くとともに、12月にUAEで開催されるFIFAクラブワールドカップ(W杯)への出場を決めた。5万7727人の大観衆を歓喜の渦へと誘った一戦で、中盤を支えたのが11月の欧州遠征で日本代表デビューを飾った長澤だった。

中盤を支えた圧巻の守備「プレッシャーをかけ続けた唯一の人物」

 海外メディアも反応し、米スポーツ専門局「ESPN」は「浦和の出だしは最高に輝かしいものだった」と評するとともに、その理由について記している。

「アル・ヒラルの守備陣に激しいプレッシャーをかけ続け、開始1分でナガサワが決定機を創出してみせた。すぐさまプレッシャーを再開したナガサワは、相手GKが少しサイドへと寄った際にまで従順にプレッシングをかけ続けていた唯一の人物だった」

 この日、4-1-4-1のインサイドハーフでプレーし、絶え間ないプレッシングと体を張ったブロックでアル・ヒラルの攻撃を無効化した長澤の働きを称賛。「アル・ヒラルはゾッとさせるような埼玉の空気に飲まれ、まるで風邪をこじらせているかのようだった」と振り返り、「ナガサワは浦和の大きな武器となっていた」と“プレッシャーの鬼”に賛辞を送った。

 急成長を遂げた長澤の活躍もあり、2007年以来となるアジアの頂点に立った浦和。次なる舞台はクラブW杯。FW本田圭佑を擁するパチューカ(北中米カリブ海)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら豪華なタレントを誇るレアル・マドリード(欧州)など、各大陸の王者が集う大舞台で、今度は「世界一」の称号を掴みに行く。