Image: Mugendai(無限大)

「生産者の顔」が研究所の人になる日も近いかもしれません。

牧場で育てられ、最終的には我々の栄養分となってくれるお肉。しかし、もっと簡単に食料が生産できたなら…。

そんな問題を解決してくれるかもしれない、「培養肉」のベンチャー企業、株式会社インテグリカルチャー代表である羽生雄毅さんのロングインタビューが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)に掲載されていました。実現すれば夢のような技術と、会社を動かす「アキバカルチャー」の関係とは…。

世界の食糧問題に挑戦する「培養肉」ベンチャー企業。コミケやニコ動を使う理由とは…?

日本にいると感じにくいですが、いま世界の食糧問題はとても深刻な状況です。増え続ける人口を支えるため、生産活動は常にフル稼働。食肉一つを例にとってみても、飼料を得るために森を切り開き、森林破壊を続けなければならない現実があるのです。

そんな状況を打破するものとして期待されているのが、培養肉。牧場で牛や豚を育てるというこれまでの常識を覆し、細胞と培養液から肉を生成するというまったく新しい試みなのです。

羽生さんが代表を務める株式会社インテグリカルチャーは、同業界期待のバイオベンチャーですが、その技術と共に注目されているのがユニークなプロジェクトの進め方なんです。

Image: Mugendai(無限大)

羽生さんはまず、培養液のムーブメントを作るために「Shojinmeat Project」というプロジェクトを立ち上げ。そのPRにはコミケやニコニコ動画といったメディアを活用し、若い人たちを積極的に集めます。中には、中学生のメンバーもいるのだとか。

「Shojinmeat Project」では、好きなもので繋がっていく「アキバカルチャー」の影響が大きく、「オタク」ゆえの目利きやコンテンツ制作力、そして仲間意識が発揮されています。

さらに、小説のタイトルに由来する「君の肝臓を食べたい」というプロジェクトでは、世界初の「培養フォアグラ」の生成に成功。鶏を使ったフォアグラだったそうですが、旨味と甘みは本物にも迫るレベルだったそうですよ。

9・11や爆弾テロにも負けない。オタク社長はフロンティアスピリッツの塊

そんな羽生さんですが、実は相当な苦労人。高校2年生を終え、オックスフォード大学に進学も視野に入れた留学をするも、9・11のテロによって受験ができない状況に。その後、幼少時に過ごしたパキスタンに一時的に戻りますが、今度は何と高校が爆弾テロの巻き添えになってしまったという壮絶な経験をされています。

Image: Mugendai(無限大)

それでも諦めず、緊急避難先の日本のホテルで願書を書き、無事オックスフォード大学セイント・キャサリンズカレッジに入学したという行動力の塊のような羽生さん。

Mugendai(無限大)では他にも、培養肉の世界を目指したきっかけや、2020年の東京オリンピックで目指す「培養肉の試食会」など、ベンチャースピリットに溢れるエピソードが語られていますので、是非続きをお楽しみください。

Image: Mugendai(無限大)
Source: Mugendai(無限大)

(渡邊徹則)