私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

婚活サイトでの婚活をすすめていくなかで、多くの男性とメッセージを重ねてきた。約1年で30代後半から50代前半の男性40人以上と会って話をしてきたが、彼らをざっと分類してみたら、5つに分けられた。

タイプ1は「モテない男」。外見はともかく、コミュニケーション下手、女性と付き合い慣れしていない……など、その名の通りのタイプ。

タイプ2は「自信がない男」。タイプ1とほとんど同じ「モテない男」とほとんど同じだが、 “誘えない”“決められない”というのが特徴。優柔不断のビビり屋タイプ。「モテない男」「自信がない男」編はコチラ。

さて、残りの3タイプは? 

タイプ3は「自信家な男」

年収が高い男や経営者、顔のいい男に多いのがこのタイプ。中には、「この人、何にそんなにも自信を持ってるんだ!?」って人もいるけれど……(笑)。 

「いいね!」の数で「自分がまだまだいける!」という自信を取り戻すためにやっている男が結構な数いる。もちろん、ここでいい人に出会えたらラッキーとは思っているが、そもそもここにいる女性にさほど期待をしていない。

私が会った人でこのタイプは、「俺、20代からもいいね!が結構くるんだよね」「300いいね!とか来てもいい女なんて全然いないよ」という自慢をしてくる。一応サイトでマッチングして会った私にも、「100人以上会ったけど、俺に見合う女なんてこのサイトにはいない」とか「ここにいる女はたいしたことない」とか言う。全員に共通しているのが、自分に自信があり、自分が女性を選べる立場と思っている点。そして、サイトにいる女性はみなスペック重視なので自分にいいね!を押してくるのは当たり前と思っている。

だから、中にはマッチングしても返事すら送らない人もいるし、マッチング後のメッセージが適当だったりする。たぶん、いいね!の数だけで飽き足らず、マッチング数も数えているんだろうな。

48歳港区男子の喜び組

マッチングして会うことになった48歳のイケメン経営者が、会話の中で何度も「モテたい」という言葉を連発していた。昔イケメンと言われた時代を一生続けたいのだろう。サイトを2年もやっているが、毎週のようにだれかと会っているようだが、ほとんどの人とは会うのは1回限り。モテたいから筋トレもしているし、食事制限もしている。カッコいい外車に乗っているし、港区に住んでいる……と言う。

彼とは友人となってしまったが、とにかくナルシスト!「本当は結婚したいんじゃないですよね?」と聞くと「寂しい老後や孤独死は嫌だ」と言うが、結婚したいのかは疑問。ここまで自分に自信があるから、ちょっとでも理想にそぐわない女性とは付き合うつもりもなさそうだ。いいね!をくれた女性の中から嫌ではないタイプの人にはメッセージを送り、害がない女性とはのらりくらりとメッセージを続け、暇ができたらたまに会っているようだ。彼女たちはちょっと思わせぶりなメッセージが来るのでマメに返すようだが、彼にとっては自分をちやほやしてくれる、まるで喜び組のようなものだ。ちなみに彼、「60歳になったらこういうナンパしよう!」って、ずっと自分はモテ続けている前提で話をしていた。

「モテている」ということが、男としてのプライドを保ち続けているんだろう。そのプライドが、いろいろなものを手に入れた彼らの、最後に手に入れたい支えなのかもしれない。

アラフィフ男性の思う「いい男」

 ちなみに、40代後半〜50代後半の男性が思う「いい男」とは、どうやらこんな人。

・顔が整っている

・禿げていない

・やせている(腹筋われている細マッチョ)

・若々しく見える

・頭がいい(高学歴)

・お金を持っている(高収入)

・ステイタスのある仕事をしている(一流企業に勤めている、経営者など)

・バンドをやっている(楽器が弾ける)

・料理ができる

・人気エリア(おしゃれな街、高級住宅街)に住んでいる(タワーマンションならより◎)

・遊びも知っている(サーフィン、バイクでのツーリング、ゴルフ、音楽活動など)

・いい車に乗っている

・おしゃれ(服や持ち物にこだわりを持っている)

・女慣れしている

のようで……。女性が思う「いい男」とはちょっとズレている気が……(笑)。

婚活サイトでこの自信たっぷりな男を見極めるのは、すごく簡単! 

自称「いい男」タイプは、ほぼ例外なく婚活サイトのプロフィールに写真をたくさん載せているのですぐわかる。

自慢の引き締まったボディーに、自慢の車、ギター弾いているカッコいい俺に、高級リゾートホテルから望む海、高級レストランのお料理……特に顔に自信がある人は、ここにセルフィーから旅先での写真まで顔写真を何枚も追加している。マメに自分の写真を追加したり変更したりするのも特徴。上半身裸の写真がアップされている人は、間違いなくナルシスト指数がかなり高い。

どんだけ自分の商品価値を高く売り込むんだ!?

金目当ての女は嫌だけど、スペックは重視する

このタイプは、このあと出てくる体目当ての遊びたいタイプともちょっと違って、単にモテたいだけ。自分を「好き」と言ってくれる人がいるだけで十分だし、自分を好きにさせるということ自体を楽しみにしている感じ。何よりも自分自身が好きなタイプなので、付き合うとしても結婚するとしても、たぶん苦労しそう。

まぁ、マッチングは意外と簡単にできるのだが、基本「好かれている前提」なのでメッセージもそこまでマメじゃないし、まぁまぁ適当。ただ、相手から離れられること(連絡を絶たれるなど)はプライドが許さないので、連絡が途切れない程度の連絡をし、惚れさせようとするフレーズなどを盛り込んでくる。

ちなみに、このタイプの男性に会うと必ずといっていいほど、「金目当ての女性は嫌だ」とかのたまうのが面白い。自分の価値のほとんどをお金で塗り固めているのにね……不思議(笑)!!

彼らに寄せられる多くの「いいね!」のなかに、20代や30代前半という1〜2回りも年下の若くて美人の女性がいれば「付き合ってもいい」と思うようで……。その女性たちとはすぐに会う約束を取りつけるのだが、食事したあと彼女たちからの連絡がぷつりと途絶えると、「若すぎて話が合わない」「おバカだった」とか言うが、もっと本音を聞き出すと、「おごってもらって当たり前って感じで、お食事をごちそうになりたいだけの女だった」とこぼす。モテるはずの俺が上手くいかなかった理由を何かしら探していて、自分のプライドを保とうとしているのがまるわかり。

相手は彼らと同じように、若さと美貌を売りにした自信家女子なのだから、おごってもらって当たり前の感覚なのだよ。見た目そこそこのオジさまがちやほやしてくれて素敵なお店でごちそうしてもらえるなら、会ってもいいな……って感じでしょう。こっちはそんな時期を経てきたから、彼女たちの気持ちは手に取るようにわかる!

自信家な男性は、筋トレなどでシェイプアッップを欠かさない。それをまたマメに写真にアップする。

さて、残り2タイプは?〜その2〜に続きます。