ホッケー女子オランダ奮戦記@後編

 オランダ代表との対戦で得た痛烈な経験がDF及川栞(おいかわ・しほり/28歳)をオランダリーグに引き寄せたのなら、MF永井葉月(ながい・はづき/23歳)にとっては、U16日本代表の一員としてオーストラリアに遠征したことが「海外への目覚め」となった。

「ホッケー女子オランダ奮戦記@前編」はこちら>>>


リオ五輪にも出場した「さくらジャパン」のMF永井葉月

「何でも”初めて”って感動するじゃないですか。私にとって、オーストラリアの空港に入った瞬間がそれでした。栞さんは『初めてオランダとやったとき』がやっぱり印象に残っていると言ってますよね。私はオーストラリアに行った瞬間が一番そう思えたんです。

 あと、ホッケーがうまくなるためには、海外に出たほうがいいなと思ってました。海外に興味を持ち始めたときから、ずっと『早く行きたいな』と思いながら国際ゲームを見てましたので。それぐらい、海外のことが好きでした」

 オーストラリアでも、アルゼンチンでも、スペインでも、オランダでもいい――。高校を卒業したら、永井は海外でチャレンジしたいと願っていたという。

「『高校を卒業したら海外に行く』と言ってたんですけれど、結局駄目になってしまった。『大学に行ったらホッケーがうまくなるんですか?』と周りにも聞いたんですが、それもはっきりとした答えは返ってこなかった。そんな折、たまたまソニーに入れる枠を作ってもらえて、『そこだったらうまい選手がいっぱいいるし、絶対に勉強になるからソニーに行く!』と思って入社したんです」

 2016年2月、オランダで開催された『ドラッグフリック(ペナルティーコーナーのシュート技術)』の講習会に参加したことで、及川はオランダ移籍への道筋を作った。この講習会には永井も参加しており、指導者のトーン・シープマンからオランダリーグのオランイェ・ロートへの入団を誘われたという。しかし、永井はリオデジャネイロオリンピックを優先させた。

 ホッケーにはオリンピック、ワールドカップ、チャンピオンズトロフィー、ワールドリーグという4つのビッグイベントがある。永井は「『日本では』ということになるかもしれませんけれど、オリンピックが一番重要な大会ですね。ただ、ワールドカップもサッカーと同じように大きな大会ですよ」と言う。

「私の場合は、リオオリンピックで結果を残してから、海外に行きたかった。トーンさんから『オランイェ・ロートに来てもいいよ』と言われたんですが、タイミングが合いませんでした」

 オランイェ・ロートの場合、前期(秋)と後期(春)の通年を通してプレーできなければ入団できなかった。そのため、永井は2017年2月から5月までスペインリーグのエガラに移籍し、そこで後期リーグだけ参加した。やっと、念願の海外移籍が叶ったわけだ。

「ホッケーのレベルで言ったら、スペインリーグは日本リーグと同じぐらいでした。それでも、スペインリーグにはオランダやベルギーのチームでプレーしたことのある選手がいるなど、国際的で、対戦相手にも『この選手はうまいな』と思わせる選手がいました。スペインに行ったからこそ、もっと上のレベルでホッケーをやりたいなと思いました」

 そんな永井の思いに及川も含む周囲が奔走し、いくつかの移籍先候補が見つかった。そのなかから永井が選んだのは、真っ先に声をかけてくれていたオランイェ・ロートだった。

「栞さんがいてもいなくても、たぶん私はオランイェ・ロートに来てました。私の決意は、『オランダで活躍して名前を残してくること』ですから」

 そう言うと、永井は東京オリンピックへの想いを、堰(せき)を切ったように話し始めた。

「リオで結果を残せなかったことが、すごく悔しかったんです。リオでは勝てるチームにも勝てず、結局、負けて終わってしまった。『何のためにこんなにしんどい練習をしてリオまで来たんだろう』と、本当に悔しかった。その思いを東京で全部晴らしたい。

 若い選手たちの間では『東京オリンピックで(メダルを)獲りたい』と言ってますし、周りからも『次は自分たちの世代が東京オリンピックで引っ張っていける存在にならないといけない』と言われています。(リオと同じように)東京でも悔しい思いをして終わるのかと思ったとき、私はやっぱり『世界一の国』で『世界一の技術』を学び、絶対にそれを日本のチーム(日本代表やソニー)に持ち帰って貢献し、さらにはオランダでも名前が残るような選手になりたい」

 及川はソニーの理解を得て、今季もオランイェ・ロートでプレーすることが決まった。

「オランダリーグ1年目でプレーオフ(の準決勝)まで行けたから、次はオランダでテッペンを獲りたいという目標ができました。私はソニーに所属しているから、2年目もここに戻ってくるためには会社の許可がないといけない。そのことを理解してくれたうえで、オランイェ・ロートは私のことを待っていてくれた。ソニーから許可が出た後、チームメイトがすごく喜んでメッセージをいっぱい贈ってくれたので、改めて私は『このチームでテッペンを獲る』と誓いました」(及川)

 昨季、彼女は27歳で迎えたリオオリンピックをあきらめてまでオランダリーグを選んだだけに、当初は「東京オリンピックへの想いに霞(かす)みがかっていた」と言う。しかし、今は違う。東京オリンピックは及川にとって、明確な目標となっている。

「1年前の私はただただ、オリンピックよりオランダに行きたい気持ちのほうが強かった。だけど周りからは、『オランダに行って4年後の東京オリンピックでがんばってね』って言われるじゃないですか。だから私も、『(生返事のように)はぁーい』と答えていたんです。

 でも、オランイェ・ロートのチームメイトがU21オランダ代表として欧州カップで優勝したり、フル代表の選手から優勝メダルを見せてもらったりするうちに、『この人たちと東京オリンピックで戦いたい』という気持ちがドンドン出てきました。チームメイトが私の闘志を燃やしてくれたかな。今は霞みがかっていた東京オリンピックへの想いは晴れてきて、『日本代表としてオランダ代表と戦って、どれぐらいできるか楽しみ』」と思ってます」

 及川にとって、東京は最後のオリンピックの舞台となる。引退後は指導者になりたいというビジョンもある。オランダで学んでいるスキル、戦術、そして人間としての広がりや人脈は、かけがえのない宝物になるはずだ。


オランダで生活をともにする永井葉月(左)と及川栞(右)

 一方、永井は「東京オリンピック後のことはわからない。なるようにしかならない」という構えだ。

「私の最終目標は、東京オリンピックで活躍するということ。チームとしては、やっぱり目標をメダル獲得に掲げてます。私個人としては、個人賞をもらえるような本当に世界一の選手になりたい。

 ただ、将来のことを考えるのは好きですけれど、本気で考えたことはないし、なるようにしかならない。 今の私は、とりあえず東京までは環境が変わろうともホッケー中心に考えているんで、もし周囲から何か言われても、『それはホッケーの環境としてはどうなんだろう』と考えます。とにかく自分の人生は、ホッケーしかやってきてない人生なんです。『ホッケーでやりきったという人生』が最高の終わり方かなと思います」

 すべてはホッケーのため――。オランダリーグの前期が終わると、彼女たちは「さくらジャパン」の一員としてテストマッチを行なうオーストラリアへと飛んで行った。

■その他球技記事一覧>>