常に日光は睡眠改善や心の安定のために欠かせないものとして知られていますが、日光がもたらしてくれる恩恵はそれだけに留まりません。というのもわたしたちが日光を浴びることで、病気に負けない強い身体づくりが可能になることで知られているからです。

日光を浴びることで免疫力を高めるビタミンDが合成される

では日光を浴びることで何故病気に負けない身体づくりが可能になるのかといいますと、ヒトが日光を浴び、紫外線が照射されることによって、体内では身体の免疫力を高める働きのあるビタミンDが合成されることがわかっています。紫外線を浴びることによって、唯一体内で合成できるビタミンとして知られているビタミンDは、骨の形成を助けるカルシウムの吸収に寄与していることで有名ですが、他にも高血圧の改善、動脈硬化、ガン、自己免疫疾患、感染症の予防にも効果が期待できることで知られているのです。つまり日光を浴びることで病気に負けない身体づくりが可能になるということ。日光で得られる恩恵は睡眠改善や精神安定だけではないのです。

ビタミンDでインフルエンザ発症率が半分に

慈恵会医科大学の研究チームによる研究によると、冬のインフルエンザ流行シーズン前に、ビタミンDを意識して摂取しておくことで、インフルエンザの発症率が半分にまで抑えられると語られています。というのも血液中に存在しているビタミンDは、ウイルスといった病原菌の進入を防ぐ自然免疫機能を高めてくれるからです。直接的ではないにせよ、間接的にビタミンDが病原菌を遠ざけてくれているということですね。

日光をあまり浴びない人は様々な疾患にかかりやすい

ちなみに日照量が少ない地域ほどガンの発症率や死亡率が高いことが研究によって判明しています。ある研究者によれば、全世界人口の半分近くはビタミンDが不足気味で、関連疾患の発症が増える恐れがあるとも警鐘を鳴らしています。ここで毎日カーテンを開けているから自分は大丈夫と思っている方は要注意です。というのも窓のガラス越しの日光程度では十分なビタミンDが産生されないことがわかっているからです。最低でもある程度日が出ている時間帯に30分は日光を浴びることが推奨されています。もしあなたがのちに様々な病気にかかるのが嫌であるのなら、毎日30分程度十分な日光を浴びる、またはビタミンDを意識して摂取するよう心がけておくことをおすすめします。余談ですがビタミンD不足で認知症のリスクが高くなることも知られているので併せて注意しておきましょう。


writer:サプリ編集部