<カシオワールドオープン 最終日◇26日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>
今週を含めて残り2試合となった国内男子ツアー「カシオワールドオープン」。最終日がスタートし、国内復帰7戦目にして今季ベストの7位タイに浮上した石川遼が9時30分よりティオフしている。
石川遼&松山英樹、スタート前の貴重な2ショット!
石川は1番(パー4)のティショットをドライバーで打ちフェアウェイキープ。セカンドショットでピン手前4メートルにつけるも、バーディパットを決められずにパー発進とした。
3日目終了時点で、トータル11アンダー単独首位に立っている時松隆光とは、5打差のトータル6アンダーにつける石川。ホストプロとして参戦の今大会で今季初の優勝争いに絡めるか。
また、現在賞金ランクトップに君臨する小平智はトータル3アンダー25位タイからこの日をスタート。現在6ホールを消化して、トータル4アンダーでプレー中。現在賞金ランク2位の宮里優作はトータル4アンダー21位タイから出て、現在トータル4アンダーで7ホール目をプレーしている。
【注目組のスタート時間】
9時40分:村松道央、岩田寛、スンス・ハン
9時50分:時松隆光、キム・キョンテ、谷口徹
<ゴルフ情報ALBA.Net>

“新しい景色”が見えるようになった!石川遼のスイング改造の進捗状況
石川遼 パター変更で気分転換!今季ベストの“66”で優勝戦線に
石川遼、2週連続で予選突破「先週よりもさらに良い」
石川遼 ショットには手ごたえも「練習量の足りてない部分が出た」
石川遼、ホスト大会で目指すは「優勝争い」