長谷部誠【写真:Getty Images】

写真拡大

 フランクフルトのMF長谷部誠が、古巣・浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を喜んだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。

 浦和は25日にACL決勝でアル・ヒラルを下し、10年ぶり2度目のアジア制覇を成し遂げている。

 元浦和の長谷部は、「僕も10年前にはいましたけど。やはりACLを取るというのは特別だと思いますし、浦和だけじゃなくて、日本サッカー界、Jリーグの価値というものを浦和が示してくれたかなと思います」と述べた。

 自身は25日のブンデスリーガで出番がなかった長谷部。浦和のACL制覇に刺激を受けていることだろう。

text by 編集部