7億円の保険加入から1カ月後に出火 東京地裁の判断は

ざっくり言うと

  • 2013年に埼玉県北部の工場で起きた火災が、東京高裁で係争中だ
  • 7億円の保険に加入後約1カ月で出火し、保険会社は保険金目的の放火と主張
  • 東京地裁は、製造会社の社長か社長の意を受けた人物による放火と判示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング