松岡修造、日曜劇場『陸王』出演決定 「このチャンスにチャレンジせずに今後の僕はない」

写真拡大

 役所広司主演、日曜劇場『陸王』に松岡修造が出演することが決定した。

参考:等身大の山崎賢人の姿がここにあるーー『陸王』大地役で見せた、若者の葛藤

 本作は、『半沢直樹』『下町ロケット』の池井戸潤による同名小説を役所広司主演で実写化した社会派ドラマ。埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長・宮沢紘一が、足袋製造でこれまで培った技術が活かせるランニングシューズ“陸王”を開発し、世界一のシューズにするまでを描く。

 このたび、アメリカに本社がある巨大アパレルメーカー「フェリックス」の社長・御園丈治役に、プロテニスプレーヤーの松岡修造が決定した。松岡が、テレビドラマにレギュラーとして出演するのは本作が初めて。松岡が演じる御園は、礼儀正しく真っすぐな熱い男である一方で、ビジネスに対しては冷静に分析ができる敏腕社長。「こはぜ屋」が企業再生できるかどうかの、重要な鍵を握る人物という役どころだ。松岡が演じる御園は、12月3日放送の第7話から登場する。

■松岡修造(御園丈治役)コメント

 現役を退いて20年、一つの夢でもあった“演じる”ということ。ただ『陸王』。いきなり初心者がテニスでいうグランドスラムに出場するようなものです。心から自分のしたいことへの挑戦。そして、50歳という節目を迎えた自分。このチャンスにチャレンジせずに今後の僕はないと決断しました。

 『陸王』は、日本の魂を感じさせる本気ドラマです。明日へ向かうための活力になるドラマの一員になれるよう本気勝負させていただきます。まさに修造チャレンジ、自分を変える覚悟はある。

(リアルサウンド編集部)