いま流行の「肩甲骨はがし」とは?(depositphotos.com)

写真拡大

 最近、「肩甲骨はがし」という言葉を見聞きしたことはないだろうか? マッサージやストレッチ業界の今のトレンドキーワードのようだ。

 そのネーミングからは、多くの現代人が悩む「肩凝り」を治す絶対的な最終手段のようなイメージを抱かせる。想像してもらいたい。何しろ「肩甲骨」が「はがれる」のである――。最初に断っておくが、「肩甲骨ははがれない」。

 「肩甲骨はがし」は、キャッチーな造語だ。身体の専門家からすると、肩甲骨がはがれたら大変なことだ。では、巷で話題の「肩甲骨はがし」とはなんだろう? 

 肩甲骨は「背中にある腕と肩の間の羽のような骨」。この骨の特徴は、関節となる骨は「鎖骨」だけ。ほかは「靭帯」「筋肉」で支えられているという点だ。自由な動きが可能な反面、筋肉で支えられているから、常に筋肉に負担がかかることになる。

 そのため、この筋肉が固まったりすると、肩甲骨が自由に動かせず、「張り付いている」感覚になる。そこで、肩甲骨周りの筋肉をほぐし、その本来の動きを取り戻すことを「肩甲骨はがし」とキャッチーに表現しているのだろう。

なぜ肩甲骨が張り付いたようになるのか?

 前述のように、肩甲骨はほとんどが筋肉によって支えられている。筋肉は動かさないと(=収縮させないと)、血行が悪くなり固まってしまう。すると、肩甲骨はますます動かしづらくなるため、その結果、肩甲骨が張り付く――という悪循環に陥る。このようになる原因はいくつかある。

〇兩
 肩甲骨周囲の筋肉を使わなくなる原因、そのひとつは「姿勢」だ。たとえば「猫背」。猫背は、胸椎が後弯することで生じる。猫背になると、自然に肩甲骨は外側に移動する。この状態は、そもそも肩甲骨が動かしづらく、当然周囲の筋肉も使えず、ますます<固まる>ことになる。

筋肉の衰え
 肩甲骨は筋肉によって支えられているため、その筋肉が衰えると肩甲骨周りがすぐに疲れてしまう。また、肩甲骨を支える筋肉は、肩甲骨の上下左右にバランスよく付いている。だが、それが崩れてしまい一部の筋肉で支えるようになると、そこに負担がかかってしまう。

 実際に多いのが、肩甲骨の内側や下側の筋肉が衰えて、上の筋肉だけで支えているような状態だ。肩甲骨を支える上の筋肉は「僧帽筋上部繊維」といい、いわゆる私たちが「肩凝り」を感じる筋肉だ。

 ここがよく疲れている人は、肩甲骨を支える役割を、この筋肉だけで行ってしまっているのかもしれない。

<肩甲骨の張り付き>は肩凝りの原因に

 このように肩甲骨の周囲が固まったり、一部の筋肉に負担がかかると、肩凝りとして重だるさを感じる。

 だから、<肩甲骨がよく動く→肩甲骨周囲の血行がよくなる→肩凝りが解消>となるわけだ。また、肩甲骨周囲の筋肉をバランスよく鍛えると、僧帽筋の負担が少なくなり、肩凝りが解消される。

 肩甲骨周囲の筋肉が固まり、「猫背」の姿勢で呼吸を行うと、自然に呼吸は浅くなる。すると、体中に充分な酸素を送れず、疲れを感じやすくなったり、スッキリしない体調が続くことになる。そんな姿勢では、皮膚や筋肉がたるんでしまい、<張りのない体つき>になる可能性もある。

 肩甲骨を正しい位置に戻すことは、肩凝りの改善だけではく、姿勢がよくなり、見た目もよくなる。「肩甲骨はがし」というネーミングは、当たらずとも遠からずというところだろうか。
(文=三木貴弘)

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。