電話やメールではなく、今やすっかり主流の連絡ツールとなっている「LINE」。メッセージや多種多様なスタンプが手軽にやり取りできるのが最大の強みですが、その手軽さゆえ忙しい時に“空気が読めない”LINEが来ると、イラっとしてしまうこともあります。それはたとえ恋人同士でも同じではないでしょうか?

内容ないのに反応せざるを得ない「おーい」LINEにイラっ!

ブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ」では、20歳〜39歳の既婚・未婚の男女を対象に、恋人同士や好きな人を対象とした「LINE」のやり取りに関する意識調査を実施しています。仕事で忙しい時に好きな人や恋人同士に言われて「イラっ」とするLINEについて調査。その結果は以下の通りとなっています。

とはいえ男性は55.2%、女性は44.4%の人が「当てはまるものはない」と回答。好きな人なら忙しくてもそもそもイラっとしない人も多いようです。

男女ともに1位は「おーい等」(よびかけ系)。同調査によると主な理由は「用事もないのに送らないで欲しい」「内容がない上に返事をしないといけないから」などがあるようです。これはLINEの特性である「既読」が即座に相手に伝わることの影響もあるのでしょうか?恋人同士や好きな人だと特に「既読スルー」ができないのかもしれません。

しかし全体的に男性よりも女性の数値が高く、イラっとくる沸点は女性のほうが低いことが分かります。また「会えなくて寂しい」「今日会いたい」といったLINEは忙しい時だと困るのかと思いきや、男女ともに恋人同士や好きな人ならイラっとする人はかなり少ないようです。

忙しい時でも好きな人から「今日会いたい」と言われると嬉しい!?

次に紹介するのは仕事で忙しい時、好きな人や恋人同士に言われて「うれしい」LINEについてです。男性と女性で言われてうれしいメッセージにギャップはあるのでしょうか?その結果は以下の通りです。

いくら好きでも、忙しい時の「おーい」という呼びかけ系LINEをうれしいと思う人は、それほどいないことが分かります。

男性の1位が「いつも頑張っているね」(40.0%)、女性の1位が「無理しないで」(47.6%)。全体を見ると、男女の傾向にそれほど大きなギャップはないようです。ただ「イラっとする」同様、全体の数値は男性よりも圧倒的に女性が高いことに注目。女性はイラっとする沸点も低いけれど、「うれしい」と思うハードルもそれほど高くないことが分かります。

女性は忙しい時こそ、恋人の「会いたい」LINEがうれしい?

そしてこちらでも、忙しいのにもかかわらず「会えなくて寂しい」「今日会いたい」というメッセージを「うれしい」と感じる人が多数。特に女性にその傾向が高いことが分かります。相手が忙しい時にそんなメッセージを送るのは、いかにも「重い」気がしますが、男女限らず空気を読んで我慢するのはどうやら得策ではないようです。いくら相手が忙しくても、会いたくなったら「会いたい」と素直に伝える。一見わがままにみえますが、効果的にそれができる人こそ、真の恋愛上手なのかもしれません。

【調査概要】
・調査媒体:銀座ダイヤモンドシライシ
・調査方法 :インターネットアンケート
・調査実施機関 :株式会社ネオマーケティング
・調査実施期間 :2017年11月3日(金)〜2017年11月6日(月)
・対象地域 :全国 ・対象者 :男女20歳〜39歳