最初からタイプRありきでシャシーやボディが作られた

「タイプR」はシビックのみならず、ホンダを象徴するスポーツモデルだ。しかし、今度のタイプRはただの「ホットハッチ」ではない。サーキットで速いことはもちろん、乗用域での操縦性や快適性を高めた、まさに「全方位」のリアルスポーツなのだ。

 従来のタイプRは既存のモデルをベースにエンジンやサスペンションにスペシャルチューンを施したものだったが、今回はプラットフォーム開発の基本設計段階から、タイプRに使うことを前提にボディやシャシーの仕様が決められた。そのため、エンジン搭載位置やドライバーの着座ポイントは、重心を下げるために極力低い位置に設定され、ペダルレイアウトの適正化も含め、スポーツドライビングのためのパッケージングが追求されている。

 そして、高いパフォーマンスを発揮するためにボディも強化。フロア各部の補強により軽く、なおかつ高剛性なボディとし、またリヤサスまわりを環状骨格構造としてセダン並みの高剛性を確保している。

 またタイプRは、ベースのハッチバックとは異なる「専用ボディ」も与えられた。「FF量産車ニュルブルクリンク最速」という目標達成のために、空気抵抗値よりもサーキット走行時のエンジンやブレーキの冷却性能とダウンフォースを重視。流麗というよりはアグレッシブなデザインのエアロボディとなったが、その「力強さ」はまさにタイプRらしい。そして、その実力はサーキットタイムが証明した。

強力なダウンフォースを得るために空力を徹底追求

 ボディはプラットフォーム開発の段階から、300馬力オーバーのパワーと20インチのハイグリップタイヤを装着するという想定で開発され、先代モデルよりもホイールベース/トレッドともに拡大されている。必要な部位に補強を加えながらボディも軽量化(先代タイプR比でマイナス16圈法ボディカラーはタイプR伝統のチャンピオンシップホワイトのほか、3色が設定されている。

 タイプRのエクステリアは、各部が専用の仕様になっている。フロントスポイラーの左右コーナー部には「エアカーテン」を設け、タイヤの前方の空気を整流してインナーフェンダーから排出させる。これにより、フェンダー内の圧力を下げることでダウンフォース効果を高めることができる。また、前後のフェンダーはブリスター形状となり、フロントにはアウトレットスリットが設置されている。

 そして、テールゲートスポイラーは先代モデルより薄くなり、より上下の圧力差を大きくしてダウンフォースを増大させた仕様。さらにルーフにはボルテックスジェネレーターを装着し、スポイラーに向かう空気を整流する。これらのエアロパーツは、サーキットを走行することを前提にスペックが決められているというのが、タイプRならではの特徴だ。Cd値(空気抵抗係数)よりもCL値(揚力)を重視したというエアロダイナミクスにより、強力なダウンフォースを発揮する。

 サスペンションを含むシャシー、駆動系にもタイプR専用の仕様が施されている。ホイールは20インチでタイヤはコンチネンタル・スポーツコンタクト6。サイズは245/30ZR20 90Y。ブレーキはフロントにブレンボキャリパーを装備し、ブレーキローターは直径305个搬膩臓これがニュル最速の走りを支えた強力な武器になった。

「より速く」「より快適に」ドライビングモードは3つに増えた

 タイプRのタイプRたるゆえんは、その「走りの楽しさ」にある。6速MTで「操る喜び」を堪能できるよう、スポーティな仕上がりになっている。

 まず、ドアを開けた瞬間に目に飛び込んでくる景色が、まさに「タイプR」。ブラック&レッドの色調が走りの気分を高めてくれる。ステアリングは形状こそベースモデルと同じだが、イタリア製レザーを用いたタイプR専用となっている。電動パワーステアリングの設定も、もちろんタイプR専用。ロック・トゥ・ロックが2.1回転とクイックな設定になっている。

 マニュアルトランスミッションのシフトノブは、歴代タイプRに代々受け継がれる球形タイプ(アルミ製)のコンペティティブなもの。なお、パーキングブレーキはシビックシリーズ全車で電動パーキングとなった。

 シートはホンダ・オリジナル設計によるもので、シート骨格から刷新し、また内部フレームにハイテン鋼を使うことで高剛性と軽さを両立させた。ヒップポイントは先代タイプRより25伉磴なり(ノーマルハッチバックモデルよりも低い)、サイドサポート、ニーサポートも大型化している。

 そして、注目の装備が先代タイプRにも搭載された「ドライビングモードシステム」。今回、新たに「+R」「SPORT」「COMFORT」と3モード(先代は2モード)となったが、モードを変更することでレスポンス性能などのエンジン特性だけでなく、ステアリング特性やレブマッチシステム(シフトダウン時のクラッチ操作に合わせたエンジン回転同調機構)の応答性、VSA/TCS/AHA(アジャイルハンドリングアシスト)などを統合制御してクルマ全体の動き(操縦安定性・乗り心地・快適性)を変えられる。

 これが3モードとなったことで、「+R」ではよりスポーツ性を高くすることができ、「COMFORT」では街乗りでの快適性を確保することができるようになった。メーター上にも各モードごとにグラフィックが異なる演出が見られ、ドライビング気分を高めてくれる(メーターにはレブインジケーターやGメーターも表示させることができる)。

 今どきのスポーツカーはサーキットで速いだけではなく、乗用域での操縦性や高い快適性も求められるが、タイプRはあらゆる状況に対応できる「全方位スポーツカー」を具現化したモデルといえるだろう。