「GQ MEN OF THE YEAR 2017」授賞式が開催された

写真拡大

11月22日、東京・港区にある「東京アメリカンクラブ」にて、「GQ MEN OF THE YEAR 2017」授賞式&記者会見が開催され、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛、斎藤工、佐藤天彦、佐藤琢磨、野田洋次郎、長谷川博己、秋山竜次が出席した。

【写真を見る】香取慎吾が斎藤工の「“新しい地図”さんからの映画のオファーを待ちたいと思っております」という発言に驚く

同賞は、各分野において圧倒的な活躍を見せた男性に贈られる賞で、ことしで12回目を迎える。

■稲垣吾郎…インスピレーション・オブ・ザ・イヤー賞:このたびは、すてきな名誉ある賞をくださいまして、本当にありがとうございます。とてもうれしく思っております。今ことし「新しい地図」というコミュニティーをスタートさせていただき、情熱いっぱいです。これからもこの賞に恥じぬよう、一人のエンターテイナーとして前進し続けていきたいと思います。

■香取慎吾…インスピレーション・オブ・ザ・イヤー賞:新しい挑戦を、新しい人生を、新しい真っ白な地図に描こうと始めたばかりなのですが、このようなすてきな賞をもらえてうれしいです。ゼロからスタートだと思っていたのですが、最近SNSを始めて世界中の皆さまとつながってみて、ゼロじゃなかったんだと気付きました。ありがとう世界。この賞をもらうことが終着点とならないようにこれからも頑張っていきます。

■草なぎ剛…インスピレーション・オブ・ザ・イヤー賞:ありがとうございます。とてもうれしいです。ことしは、ゼロからのスタートだと思っていたのですが、このような素晴らしい賞をいただけて本当にうれしく、皆さんに感謝いたします。新しい可能性を信じてこれからも努力してまいります。

■斎藤工…アウトスタンディング・アチーブメント賞:この賞に憧れていて、いつか声が掛かる日が来てほしいと思っていました。最近は俳優業の他、映画も作っておりまして、ライフワークである移動映画館をアフリカや南米などで開催しており、表に出る機会が少なかったのですが、そのような活動をGQ JAPANさんに評価していただいたのだと思い、光栄に思っております。ありがとうございました。

■佐藤天彦(棋士)…ブーム・オブ・ザ・イヤー賞:昨今、将棋界が以前に比べて取り上げていただける機会が増えてきました。この賞は、個人としても将棋界全体としてもいただいたものだと思い、大変名誉なことだと感じております。この喜びを励みに、これからも頑張っていきたいと思います。

■佐藤琢磨…ベスト・スポーツマン・オブ・ザ・イヤー賞:このたびは、名誉ある賞を誠にありがとうございます。ことしは、インディアナポリス500マイルレースで勝つことができ、応援してくれた皆さまに改めてお礼を言わせていただきます。本当にありがとうございました。これからは自分自身にも磨きをかけて、モータースポーツの発展に精進してまいります。

■野田洋次郎…ミレニアル・インスピレーション賞:この賞をいただけたのは、音楽の現場だったり映画の現場だったり、一緒に切磋琢磨してともに作り上げてくれた同士や監督など、さまざまな方のおかげです。わくわく、どきどきできるものづくりを今後もたくさんしていきたいと思います。ありがとうございました。

■長谷川博己…アクター・オブ・ザ・イヤー賞:本当にすごくうれしいです。この賞をずっと意識して、いつか出られたらいいなと思っていました。最近は国を守るような役が増えたり、男性が魅力を感じていただける役が増えたからいただけたのかと思っております。名誉あるこの賞に恥じぬよう、これからも頑張っていきます。

■秋山竜次…ベスト・コメディアン賞:私は、ロバートというクリエーティブ面白コント集団に属しております。うれしいですね、このような賞は。ずっとこの賞を意識してきました。鷹の使い手のような受賞写真ですが、この賞をいただけて大変うれしいです。男に生まれて感謝しています。男に産み分けてくれた両親に感謝したいと思います。(ザテレビジョン)