若いうちは結婚にさまざまな理想を掲げるものですが…(写真:kou / PIXTA)

「未婚化」「晩婚化」が叫ばれて久しい日本。平均初婚年齢は男性31.1歳、女性29.4歳で20年前と比べて約3歳上昇しています(厚生労働省、2016年度「人口動態統計」)。その中で、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。
平均初婚年齢である30歳前後のアラサー世代の結婚についての意識を、これまで紹介してきました(2017年9月3日配信「アラサー女性の結婚阻む『もっといい人が』病」など)。アラサー世代の結婚の意識に続き、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準である50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った調査の結果を4回に分けてご紹介します(本記事は第2回。前回は「結婚適齢期を過ぎた男女が持つ『未婚観』」)。今回のテーマは「結婚に対する理想と条件」についてです。
なお、本稿記載のデータは、(株)明治安田生活福祉研究所が行った「35〜54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

女性のほうが結婚をあきらめる時期は早い


35〜54歳の未婚者に対して、結婚に対する気持ちを尋ねたところ、「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」の割合が、男性32.2%、女性36.2%とそれぞれ最も高くなりました。

年齢層別に見ると、男性は40代後半以上、女性は40代前半以上で約4割を占めています。40代前半では女性と男性の差が7.4ポイントと最も大きくなっています。

また、女性の場合、年齢が高いほど「絶対結婚したくない(独身主義)」の割合は高く、50代前半は22.3%で30代後半の11.3%より11.0ポイント高くなっています。この世代間の差は、男性よりも顕著に表れています。


次に、35〜54歳と平均初婚年齢前後のアラサー世代(25〜34歳)の結婚に対する気持ちを比較してみましょう。アラサー世代では「理想・条件を特に意識することなく結婚すると思う」が35〜54歳の年齢層より高く、一方、「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」は低くなっています。年齢を重ねるにつれて、結婚相手の理想や条件を強く意識するようになり、結婚をあきらめる割合が高くなる傾向が見て取れます。

条件を下げられない、最大の理由とは?


「理想・条件を下げるくらいなら結婚したくない」と回答した35〜54歳の未婚者に対して、その理由を尋ねたところ、「どうせ理想・条件を下げるなら、もっと若い頃に下げて結婚しておけばよかったと思うから」が男女とも約4割で最も高くなりました。

年齢層が高いほど、その割合は高くなっており、50代前半では、約5割となっています。次いで、男女とも「自分のキャリア・収入・ルックス等に見合う異性でないと納得できないから」が約3割で続きます。


「理想・条件を下げてでもとにかく結婚したい」「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」と回答した35〜54歳の未婚者に対して、何歳頃に理想・条件を下げておくべきだったか尋ねました。「理想や条件を下げてでもとにかく結婚したい」人は男女とも「30代前半」と回答した割合が最も高く、女性では「20代後半」と回答した割合も「30代前半」とほぼ同水準でした。

また、「結婚したい気持ちはあったが、今ではあきらめている」人では、「理想・条件を下げても結婚できなかった(できなかったと思う)」と考えている人の割合が男女とも最も高くなっています(男性64.5%・女性52.7%)。


それでは、結婚するために結婚相手に求める理想・条件を下げた35〜54歳の既婚者は、何歳くらいのときに理想・条件を下げたのでしょうか。男性は「30代前半」(39.2%)、女性は「20代後半」(40.2%)が最も高くなりました。全体として、男性よりも女性のほうが、理想・条件を下げる時期は早いようです。

「条件を下げた」ことを後悔している人の割合は?


また、「結婚したかったので理想・条件を下げた」35〜54歳の既婚者に対して、結婚相手に求める理想・条件を下げたことを後悔しているかどうか尋ねたところ、「どちらかと言えば後悔している」は、男性49.7%・女性56.1%で女性のほうが高くなっています。特に50代前半では、後悔している割合が女性では60.0%と男性の40.4%より19.6ポイント高くなりました。