レーティング:リバプール 1-1 チェルシー《プレミアリーグ》

写真拡大 (全3枚)

▽プレミアリーグ第13節、リバプールvsチェルシーが25日にアンフィールドで行われ、1-1の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

22 ミニョレ 5.0

痛恨の失点。何でもないクロスをポジショニングの悪さから失点につなげてしまった

DF

12 J・ゴメス 5.5

高いポゼッションを誇ったリバプールでうまく攻撃参加できなかった

32 マティプ 6.0

集中した守りでモラタを封殺

17 クラバン 6.0

マティプとのコンビネーションで終始危険を回避した

18 A・モレーノ 5.5

守備は悪くなかったが、攻撃で機能せず

MF

7 ミルナー 5.5

中盤で安定した働きぶり

14 ヘンダーソン 6.0

決勝点をアシスト。攻守のバランスを保った

(→ マネ -)

10 コウチーニョ 6.0

先制点の起点に。要所で存在感を放った

(→ ララーナ -)

FW

11 サラー 6.5

貴重な先制弾。鋭いドリブルで前線で獅子奮迅の活躍

15 スタリッジ 5.5

久しぶりの先発も存在感示せず

(→ ワイナルドゥム 5.5)

途中出場。可もなく不可もなく

21 チェンバレン 5.5

比較的チャンスの多かった左サイドだが、ドリブルで切り開くことはできなかった

監督

クロップ 5.5

先制後に試合をコントロールできなかった。スタリッジやチェンバレンの先発起用は

効果を発揮せず

▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

13 クルトワ 5.5

終盤のファインセーブでチームを救った。失点シーンは仕方ないか

DF

28 アスピリクエタ 5.5

粘り強く守った。シュートブロックで得点与えず

27 A・クリステンセン 6.0

守勢のチームのディフェンスの要としての役割をこなした。冷静なシュートブロックでピンチを防ぐ場面も

24 ケイヒル 5.5

遥かに機動力の高いサラーの対応に手を焼いた

MF

21 ザッパコスタ 6.0

攻撃の面で右サイドを圧倒。カウンターから何度もチャンスを演出

(→ ウィリアン 6.0)

途中出場で垂涎の同点弾。チームに勝ち点をもたらした

7 カンテ 6.0

豊富な運動量で攻守に活躍

3 マルコス・アロンソ 5.5

タイミング良い攻め上がりで、攻撃をサポート

6 ドリンクウォーター 5.5

リーグ戦初先発で及第点のプレーを発揮。守備に安定をもたらした

(→ セスク -)

14 バカヨコ 5.5

的確なポジショニングで攻守の繋ぎ目になるも、失点に関与

(→ ペドロ)

FW

9 モラタ 5.0

精彩を欠いた。得点の予感がほとんどしなかった

10 アザール 6.0

守勢のチームで攻撃をけん引

監督

コンテ 6.0

交代が功を奏した。アウェイでなんとか引き分けに持ち込んだ

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

サラー(リバプール)

▽巧さとアジリティを生かしてリバプールの攻撃の中心になった。貴重な先制ゴールは必然。リーグ最速で10点目に到達した。

リバプール 1-1 チェルシー