レーティング:ドルトムント 4-4 シャルケ《ブンデスリーガ》

写真拡大 (全3枚)

▽ブンデスリーガ第13節、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが25日に開催され、4-4で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 ヴァイデンフェラー 5.5

ビッグセーブを1本見せたが4失点

DF

36 トプラク 5.0

やや不安定な出来だった

25 パパスタソプーロス 5.5

うまく3バックを統率していたが、終わってみれば4失点

29 シュメルツァー 5.5

大きなミスなく左センターバックをこなしていた

MF

22 プリシッチ 5.5

先制点に絡む。しかし、後半は守備に追われた

33 ヴァイグル 5.5

後半は中盤をコントロールできず

8 シャヒン 6.0

先制点、2点目に関与

13 ラファエウ・ゲレイロ 6.0

4点目を奪う。前半はカリジウリに対し優勢だった

(→ザガドゥ -)

FW

9 ヤルモレンコ 5.5

3点目を好フィードで演出も2失点目に関与

(→バルトラ 5.0)

守備を締められず

17 オーバメヤン 6.0

1ゴール1アシストも退場は頂けない

10 ゲッツェ 6.5

システム変更によって生きた一人。1ゴールを決め、4点目に絡む

(→カストロ -)

監督

ボス 5.0

システム変更はうまく行ったが、守備を固めても4点差を守り切れない。解任は仕方なしか

▽シャルケ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK

1 フェールマン 5.0

責任はないものの4失点

DF

17 スタンブリ 4.5

1アシストも全失点に関与

29 ナウド 6.0

最後に意地の一発で引き分けに持ち込む

20 ケフラー 4.5

40分に退場してもおかしくないシーンがあった。前半のみの出場

(→ナスタシッチ 5.5)

安定した出来

MF

18 カリジウリ 6.0

後半に存在感を増して1ゴール

2 マッキーニー 5.0

球際の強さは見せていたが、33分に交代

(→ゴレツカ 5.5)

それほど攻撃に絡めず

7 マックス・マイヤー 5.0

バイタルエリアを使われた

24 オチプカ 5.0

攻守に凡庸

FW

9 ディ・サント 5.0

何もできずに33分で交代

(→アリ 6.5)

流れを変えた立役者。単騎突破で違いを生んだ

19 ブルクシュタラー 6.0

難しいヘディングシュートを流し込んだ

11 コノプリャンカ 6.0

後半に存在感を高めて2アシスト

監督

テデスコ 5.5

堅守が崩壊も4点差を追いついての価値あるドロー

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

アリ(シャルケ)

▽絶対絶命の展開から流れを変えた20歳のモロッコ代表アタッカーを選出。ナントから今季加入の若武者がダービーで移籍後初ゴール。

ドルトムント 4-4 シャルケ

【ドルトムント】

オーバメヤン(前12)

OG(前18)

ゲッツェ(前20)

ラファエウ・ゲレイロ(前25)

【シャルケ】

ブルクシュタラー(後16)

アリ(後20)

カリジウリ(後41)

ナウド(後49)