浦和に所属するGK西川周作【写真:Getty Images】

写真拡大

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝の2ndレグが25日に行われ、浦和レッズがサウジアラビアのアル・ヒラルにホームで1-0の勝利を収めた。この結果、2試合合計2-1とした浦和が10年ぶり2回目となる優勝を飾った。

 浦和に所属するGK西川周作は試合後に「チームの良さというのが最初から表れていたと思います。相手はずっと負けていないチームでもあったので、ホームで勝って優勝を決めたいというイメージ通りの結果が出てくれて本当に良かったと思います」と語り、喜びを示した。

 続けて「サウジアラビアから帰ってきて時差調整という部分でもメディカルチームが非常に気を利かせてくれてました。自分たちのサポートをしてくれたことで良い状態を保つことが出来ました。ここまで勝ち上がって来れたのはチーム全員の力だと思います」とコメントしている。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

text by 編集部