天才カメラマン・永井浩は、一度も被写体に「笑ってください」と言ったことがない

写真拡大

 メディアでは「10年後に消える職業」といったニュースがよく報道される。AI(人工知能)などの進化は確かに脅威だが、一方で、取材すると「そう次々に、現在の職業がなくなるとは思えない」(グローバル企業の経営トップ)という意見もある。

 ただし、かつての花形職種が経済環境の変化で厳しい状況に置かれることもある。たとえば、主に男性向けの散髪を行う理容師は「1000円カット店」などの影響で、若手が独立しにくい職業となり、全国的に理容室(床屋さん)は減っている。

 そうしたなかで、今回は出版系メディアで仕事をする「カメラマン」を紹介したい。かつて紙媒体の全盛期は花形職種だった。現在は当時の勢いはないが、それでも人気職種だ。40代の男性カメラマンの生き方に焦点を当てつつ、それ以外の事例も紹介して考察したい。

●『まいにち修造!』の撮影も担当

 元プロテニス選手で、スポーツキャスター・タレントの松岡修造氏といえば、整ったルックスと熱い姿勢が人気だ。同氏を題材にして2014年に出版された『(日めくり)まいにち修造!』は発行部数100万部を突破するミリオンセラーとなり、続編として15年に発売された『(ひめくり)ほめくり、修造!』(ともにPHP研究所)もベストセラーとなった。松岡氏らしい爽やかなガッツポーズ姿の表紙をめくると、怒気迫る表情や脱力するような笑顔もあり、多様な写真も好評を博した。現在は毎年、年度版が発売されている。

 これを撮影したのが、現在43歳の永井浩氏だ。被写体の表情を一瞬で切り取る人物写真に定評があり、政治家、経営者、芸能人から一般ビジネスパーソンまで幅広い撮影を手がける。前述の松岡氏の撮影は、どんな経緯で行ったのだろうか。

「長年、出版元のPHPの仕事をしてきたので、その流れで依頼がありました。『日めくり』は、言葉ごとにポーズが違うので、編集者がラフスケッチを描き、それを基に修造さんがポーズをとってくださいました」(永井氏)

 さまざまな被写体と向き合う永井氏だが、撮影の際はテレビなどで活躍する著名人、政治家や財界人と一般の人で意識を変えるのだろうか。

「そういうことはしません。私は、人間はフラットだと思っており、撮影する相手がどんな方かという属性ではなく、人として接します。著名人でも、あまり先入観は持ちません。“イメージはダメージ”だと考えているので、自然体で臨むようにしています」(同)

 筆者も永井氏と仕事をしたことがあるが、インタビュー時の人物撮影などでは、いつの間にか持ち場につき、淡々と撮影するタイプだ。被写体に次々に声をかけることもせず、「これまで一度も『笑ってください』と言ったことがない」(同氏)という。それでいて、何かの会話がきっかけで、撮影相手と話が弾んでいたりする。

●編集者からカメラマンに転身

 出版系のフリーカメラマンの経歴や前歴は多種多様だが、以下のケースが一般的だ。

・撮影スタジオに勤務して撮影数をこなした上で独立
・カメラマンのアシスタントを経て独立
・出版社の社員カメラマン(社カメ)を経て独立
・最初からフリーで仕事を開始

 このうち、アシスタント出身は “徒弟制度”が崩れた現在は少なくなっている。学校歴もさまざまだ。かつては写真学科のある東京工芸大学や日本大学芸術学部出身者が多かったが、最近は一般大学の学部卒も多く、女性も増えた。もちろん学歴は問われないので、大学卒でなくても活躍する人はいる。そんななかでも、永井氏は異質といえる。出身校は早稲田大学政治経済学部で、政治家を多数輩出した雄弁会出身。カメラマンになる前は編集者だった。

「新卒でシニア向け雑誌『いきいき』(現『ハルメク』)などを出すユーリーグ(現社名はハルメク)に就職しました。ベンチャー企業だったので、編集作業以外に写真も撮れば、広告の版下も制作した。制作予算が限られていたので外注せず、内製化したのです。採否は当時の社長と編集長が出来栄えを見て即決。そのおかげで鍛えられました」(同)

 寄席や地酒、クラシック、バレエなどに詳しい永井氏は、写真の構図については、予算が潤沢にあった時代の雑誌「別冊太陽」(平凡社)などを見て研究したという。出版社を辞めて独立する際に、それまでの写真をまとめたブックを作成。20社ほどの出版社を回って営業した。その写真に興味を持った各社から依頼が来て、仕事につながったという。最初の1年は編集業も兼ねていたが、現在は撮影専門。月平均で20件弱の仕事をこなす。

●ボクシング「ザ・おやじファイト」に参戦中

 忙しい日々を送る永井氏だが、もうひとつの顔がある。30代半ば以降対象の「ザ・おやじファイト」(以下、OFB)に参戦する現役ボクサーなのだ。

 OFBとは、特例がない限りプロのライセンスも37歳で失効するなど年齢制限のあるボクシングに、練習の成果を披露する舞台をつくる――という目的で設定された。中年向けなので、安全面に気を遣う。当初は3分×2ラウンドだった試合時間を、スタミナ不足でのケガ予防も考慮して、2分×3ラウンドに変更されたという。

「ボクシングを始めたのは2つ理由があります。ひとつは、私生活で離婚して子供に会えなくなった時期に、何か没頭するものを始めようという思い。もうひとつは体力づくりです。カメラマンは重い機材を運ぶので、いつまでも耐えられる肉体に改造しようと思いました」(同)

 瞬時の運動神経が求められるボクシングで、頭脳が肥大化しないよう心がけているそうだ。永井氏の言葉を借りると「インテリジェンス的な感性を写真には持ち込まない」ということだ。ボクシングを始める前は90kg以上あった体重を、61.6kgまで減量した。顔つきも精悍になり、腹筋もきれいに割れた。試合は勝つこともあれば負けることもある。仕事に影響もなく、精神的なバランス効果が大きいようだ。

●先の目標より、日々の仕事に注力

 本業の話に戻る。かつてのカメラマンは、仕事をこなしながら経験を積むと、人物撮影や風景撮影など「テーマ」を特化する人も目立った。だが、最近は依頼があればなんでも対応する人が多い。メディアの撮影がない日は、式場や個人からの依頼を受けて結婚式の写真を撮る人もいる。そんななかで永井氏は、出版系メディアの撮影だけで仕事を続ける。カメラマンとして「個展」も開かなければ、広告写真も担当しない。

 出版系も、メディアによっては単価が下落した時代だ。「スチール(静止画)だけでは将来厳しいので、ムービー(動画)も撮りなさい」と若手カメラマンに諭す経営者もいる。永井氏に今後の目標を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「出版不況の現在でも、きちんとした雑誌は単価も下がっていません。何年先にこうしたいという目標は立てず、依頼のあった仕事をこなし続けています。取り巻く環境の変化が生じれば、その時に対応するつもりです」(同)

 カメラ道具にも凝らず、時間が空けば都内の寄席通いや、山梨県に借りている棚田での土いじりにあてる。異質なものとの出合いといったバランス感覚を大切にしているようだ。
(文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)