真野恵里菜がナレーションに!/(C)AbemaTV

写真拡大

毎週月曜にAbemaTVで放送中の「少女たちの決断〜密着!!ハロー!プロジェクト20周年オーディション」で、真野恵里菜が♯5から#7までナレーションを務めることが分かった。

【写真を見る】真野恵里菜、ハロプロ時代は「本当に青春だった」/(C)AbemaTV

本番組は、「ハロー!プロジェクト」が20周年という節目を迎える2018年に向けて開催中の「ハロー!プロジェクト新メンバーオーディション」に約7年ぶりにテレビが完全密着したドキュメンタリー。

11月27日(月)夜10時30分から放送される#4では、スタジオメンバーが一新。モーニング娘。の元メンバーでハロー!プロジェクトの2代目リーダーを務めたOGの高橋愛、同じくモーニング娘。の元メンバーでガールズバンド・LoVendoЯのボーカルおよびリーダーを務める田中れいな、℃-uteの元メンバー・岡井千聖。

そしてカントリー・ガールズの山木梨沙、こぶしファクトリーの浜浦彩乃、広瀬彩海を迎えて放送する。

また#5から#7までの番組のナレーションを、元ハロプロの一員で現在は女優として活躍する真野が務める。

今回のナレーションを務めることに対し、真野は「この番組のナレーションのお仕事が決まってうれしかったです。オーディションの完全密着は7年ぶりなので、“この子、受かったら絶対俺は応援する!”と思う方もいると思うんですよ。

ファンの方だけでなく、ちょっと興味がある子、オーディションってどんなものなのかな?って思ってる子にも絶対見てほしいです。いろいろな見方ができるし、元気ももらえるし、たくさんの方に見てもらえたらなと思います」とコメントを寄せた。

#4・#5の放送では、最終審査全体のレッスン模様が放送。必死でレッスンに食らいついていく彼女たちの中から、何人の候補者が最終審査を通過するのか、注目が集まる。

なお、オーディションの模様は、11月27日夜10時30分から#4をAbemaTVで放送、夜11時から#5をAbemaビデオで続けて配信される。

かつて所属したハロプロについて、真野は「15歳でハロプロエッグに入って、22歳になる前にハロプロを卒業したんですけど、本当に『青春』だったなって思いますね。もちろん入ってから『あ〜、憧れてた世界だ〜』と思う部分もたくさんありましたけど、やっぱり、レッスンでできなくて、悔し涙を流したり、自分の歌割りが減っちゃったりというのを経験したので、もっともっと認められたいと思って、練習もしました」と当時を振り返った。

続けて「10代の後半って、やりたいことがたくさんあると思うんです。それを我慢していたつもりはないですけど、アイドルとしてやらせていただいているんだから、ちゃんとレッスンもしなければならないし、自分磨きもしなければと思って、本当に全力を注いでやってきました。だから『青春』だなと思います。

楽しいし、キラキラしているし、ちょっとスポーツみたいだし。その経験があったおかげで、今こうして他のお仕事をやらせていただけていますし、先輩からも教わったし、後輩に残したいものもあるし、すごく大切な場所です」と力を込めた。(ザテレビジョン)