村井チェアマン、浦和のACL優勝を祝福…クラブW杯は「頂点を目指して」

写真拡大

 浦和レッズが2007年以来10年ぶり2回目のAFCチャンピオンズリーグ優勝を成し遂げた。これを受けてJリーグの村井満チェアマンがJリーグ公式HPを通じてコメントを発表している。

「浦和レッズの皆さん、ACL優勝おめでとうございます。Jリーグ勢として9年ぶりとなる悲願のアジア制覇を果たしました」

「本日の試合は厳しい戦いが予想されましたが、選手達は集中力を切らさずに良い緊張感のもとで素晴らしい戦いを披露してくれました。そして、おそらくは本日の試合を観戦された全ての方が、満員の浦和レッズのファン・サポーターの熱い応援やコレオグラフィー、スタジアムの空気に、頂上決戦の醍醐味を感じられたのではないかと思います。クラブに携わられた全ての方たちと、最後まで声援を絶やさなかったファン・サポーターの皆様がもたらした栄光です。心からお祝い申し上げます」

「浦和レッズは12月6日から開催される『FIFAクラブワールドカップ UAE 2017』にアジア代表として出場します。実力で掴んだ世界の舞台にチーム一丸となって臨み、頂点を目指して勝ち進んでほしいと思います」