続々登場中の新コラムが12月配信予定のアプリで連載継続!!

写真拡大

▽ついにワールドカップ(W杯)の出場国が決まり、12月1日にはグループリーグの組み合わせ抽選会が行われます。四年に一度の祭典に向けて、超ワールドサッカーもさらにパワーアップ。さらに充実したサッカー情報をお届けすべく、新たなコラムを追加した新アプリを今冬に配信します。

▽新アプリでは、新たな切り口でのコラムが登場!W杯に向けて日本代表に選手を勧める提言コラムや、試合の得点シーンではなく、そのゴールにつながったプレーを解説する解説コラム、これまでの日本サッカー界が歩んできた道のりを振り返る情報コラムがスタート。さらに、政治面を切り口にサッカー界の今を伝えるコラムや、日本人のメディアリテラシーへの提言など、様々な切り口でサッカー情報をお届けする新コラムを配信していきます。

◆新連載コラム

『元川悦子の日本代表にこの選手を呼べ!』

▽日本代表を精力的に追いかけている元川悦子氏が、ワールドカップを戦う日本代表に招集すべき選手をヴァイッド・ハリルホジッチ監督に提言。

『河治良幸のターニングポイント』

▽試合分析に定評がある河治良幸氏が、注目試合のターニングポイントを解説。ゴールに繋がる勝敗を分けたプレーにフォーカスしていく。

『六川亨の日本サッカーの歩み』

▽日本サッカーの暗黒時代からJリーグ誕生や日本代表のW杯初出場などを現場で見続けた六川亨氏が、日本サッカー界が歩んできた歴史を振り返る。

『座間健司の現地発! スペインの今』

▽スペイン在住で、これまでスペインサッカー界の本質を伝えてきた座間健司氏が、カタルーニャ問題など政治的な切り口からサッカー界に迫る。

『東本貢司のフットボール・メディアリテラシー』

▽豊富な知識と経験でブリティッシュフットボールを伝えてきた東本貢司氏が、メディアが伝える情報から、“本質”の見抜き方を伝授。これを読めば、あなたのフットボール脳が高まる!?

▽これらの新コラムは、12月に配信を予定している『超WOLRDサッカー! Premium』内での配信が決定。月額課金制となっていますが、今後もさらに様々なコラムニストに寄稿していただき、幅広いジャンルのコラムを購読できるアプリとなっていきます!!

▽また、これまで超ワールドサッカーで連載していた『六川亨の日本サッカー見聞録』、『倉井史也のJリーグ』、『東本貢司のFCUK!』、『原ゆみこのマドリッド』は引き続き無料で購読可能ですので、引き続きお楽しみください。

▽さらに、『Jリーグ百年構想』を体現するキーマンであるJリーグマーケティング部の山下修作専務が語る『Jリーグが伝えたい事』など、著名人へのインタビューも増量! こちらも無料でお楽しみいただけるので、今後のラインアップに期待してください。